野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|ポーチュラカの育て方

ポーチュラカの栽培管理と収穫の方法について紹介します。

ポーチュラカ写真

南アメリカ原産の植物です。白、ピンク、黄、オレンジなどの花色があり、混色して花壇に植えると、とても見栄えがします。這うように茎葉を伸ばす性質があり、グラウンドカバープランツとしても利用できます。また、暑さに強く、強い日差しの中でもしっかりと花を咲かせてくれる、夏花壇の代表的な植物です。ポーチュラカは、雑草のスベリヒユの仲間で、多肉植物のような葉をつけるのが特徴です。

管理

花壇に植える場合は、水はけと日当たりのよい場所を選んで植えつけます。日が当たらないと花が開かない性質があるので、できるだけ長時間、日が当たる場所に置きましょう。

やや乾燥気味の環境を好む植物です。水やりが多すぎると徒長して、間延びする傾向があります。また、根腐れの原因にもなるので、通常の植物よりも、やや水やりを控えめに管理しましょう。

植えつけ時に粒状肥料「マイガーデン粒状肥料」、「マイガーデン花・野菜用」、「マイガーデン植物全般用」を土に均等に混ぜ込みます。基本的には、元肥のみでよく成長しますが、葉色が薄くなってきたときに、液体肥料「マイガーデン液体肥料」、「花工場原液」の1,000倍液を1週間に1回施して様子を見ます。

ポーチュラカはさし木でふやすことができます。適期は5~6月。葉が3枚程度ついた茎を切り取り、30分ほど水に浸けて、さし穂にします。

さし木の用土は、市販の挿し芽用培養土、もしくはバーミキュライトなど、清潔な用土を使いましょう。さし木から10~15日ほどで発根します。発根後は、ポリポットに植え替えて、大きく育てましょう。なお、種苗登録されている品種は、無断でふやすことが禁止されています。個人で楽しむ範囲にとどめましょう。

ポーチュラカの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents