野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|リクニス・ビスカリアの育て方

監修 園芸研究家 矢澤秀成

リクニス・ビスカリアの栽培管理と収穫の方法について紹介します。

リクニス・ビスカリア写真

 リクニス・ビスカリアは、ヨーロッパに自生するナデシコ科の植物です。別名ムシトリビランジと呼ばれます。これは、葉の下の赤黒い部分が、虫が貼りつくほどネバネバしていることからついた名前です。  多年生の植物で寒さに強く、また暑さにも比較的強い植物です。4~5月に、一重咲きもしくは八重咲きの赤紫色の花を咲かせます。

管理

水やり

 土の表面が乾いたら、たっぷりと水やりします。根張りがよく、夏期は乾きやすいので、庭植えでもしっかり水やりしましょう。

肥料

 植えつけ時に、元肥として粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」、「マイガーデン植物全般用」を1m²当たり150g植えつける場所の土によく混ぜて植えつけます。鉢植えでは、用土1ℓ当たり5gの同様の肥料を、用土に混ぜて植えつけます。

 また、夏を除き、2カ月に1回、同様の肥料を追肥するか、所定の倍率に希釈した液体肥料「花工場原液」を2週間に1回、水代わりに施します。

置き場所

 日当たりと風通しのよい場所で育てましょう。日陰では葉色が悪くなり、花も小さくなります。

花茎切り

 花後は、花茎を株元で切り取ります。毎年、株が大きくなり、花茎が上がる本数も多くなります。

植え替え

 鉢植えの場合は、株の大きさに合わせて植え替えます。時期は、花後、もしくはヒガンバナの咲くころが適します。

ふやし方

 さし木、もしくは株分けでふやすことができます。さし木は、ヒガンバナが咲くころが適期です。切り取った茎を1芽ごとに分けて、30分間水に浸けます。植物成長調整剤「ルートン」を切り口に薄くまぶし、さし木用培養土に深さ2~3cmさしましょう。4~6週間ほどで発根します。発根後、3号(直径9cm)のポリポットに植え直して、冬の寒さに当てます。さし穂の充実度によっては、翌春に花をつけることがありますが、翌春の開花はあまり期待しない方がよいでしょう。

 株分けもヒガンバナが咲くころに行ないます。翌春の花を期待する場合は、3芽程度ずつに分けて植えつけましょう。

 なお、八重咲き種は、さし木と株分けのみでふやすことができますが、一重咲き種は、タネまきでふやすことも可能です。

監修 園芸研究家 矢澤秀成

種苗会社にて16年間、野菜と花の研究をしたのち独立。植物園や肥料会社、造園会社などの顧問を歴任。またNHKテレビ「趣味の園芸」、「あさイチ(グリーンスタイル)」などの講師をつとめ、家庭園芸の普及に幅広く活躍する。

「趣味の園芸」(NHK出版)、「園芸入門」(同)、「プリムラの育て方」(同)、農業技術大系等、執筆も数多くある。

リクニス・ビスカリアの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents