野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|オステオスペルマムの育て方

監修:ガーデナー 天野麻理絵

オステオスペルマムを育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

オステオスペルマム写真

オステオスぺルマムの花は日中開いて、夕方や曇天では閉じます。年明けごろから、開花株がガーデンショップで見られるようになり、さびしくなりがちな冬花壇に加えると、景色は一気に華やかな印象になります。花色は白、ピンク~ブルー、イエローやオレンジなど多彩で、シーンに合わせてカラーコーディネートを楽しめます。ブロンズやアプリコット系のニュアンスある色合いもあり、春の寄せ植えの主役花としてもおすすめです。

準備

寒さには強くないので、庭植えにするなら、遅霜のおそれがなくなったころに植えつけます。 次々に開花するので、株を覆うように花が咲き、とても華やか。ボリュームがあり、とても目を引くので、ポイントとなるような見せ場に加えると効果的です。 なお、ポット苗はコンパクトなので、オステオスペルマムの後方には、立ち上がって育つエレモフィラ・ニベアのような、カラーリーフを入れるとバランスがとりやすいです。また、株元がぐらつかず、蕾がたくさんついた苗を選ぶことが、花をより長く楽しむポイントです。

監修:ガーデナー 天野麻理絵

東京農業大学 地域環境科学部造園科学科卒業。愛知県にある造園会社 ㈱豊田ガーデンに勤務し、ショーガーデンのガーデニングミュージアム花遊庭のメンテナンスに携わり、花のある庭づくりに力を入れる。NHKテレビ「趣味の園芸」の講師をつとめ、「BISES」、「ガーデン&ガーデン」等、園芸雑誌に執筆も数多くある。2011年秋に講談社より『自分でつくるおしゃれで小さな庭』を出版し好評を得ている。
2014年3月に家の光協会より「一年中美しい手間いらずの小さな庭づくり」、講談社より「小さくてもセンスのよい庭づくり」を出版。

オステオスペルマムの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents