野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

ケマンソウの育て方

監修 園芸研究家 矢澤秀成

ケマンソウの育て方について紹介いたします。
このページではケマンソウの基本情報やまめ知識をご紹介しています。

ケマンソウ写真

 ケマンソウは、中国や朝鮮半島に自生する、ケシ科コマクサ属の多年草です。ケマンソウという名前は、お寺を飾る装飾品(華鬘)に見立てられてつけられました。別名タイツリソウとも呼ばれます。これは、花のようすが、釣ざおに多数ぶら下がった鯛のように見えることからついたようです。  ケマンソウは、とても個性的な花形をしています。

基本情報

  • 科名属名:ケマンソウ科コマクサ属
  • 原産地:中国東北部(黒竜江州省)~朝鮮半島
  • 分類:多年(宿根)草,耐寒性,草本
  • 栽培のスタート:苗から
  • 日照条件:半日陰
  • 生育適温:15~25℃。寒さに強く‐10℃でも影響を受けないが、暑くなると地上部が枯れて休眠する。
  • 水やり:生育中は土が乾いたらたっぷり水やり
  • 特徴:開花中は日なたでよいが、夏の直射日光や西日は避ける。日陰でも育つ。
  • 樹高:草丈(30~60㎝)
  • 植えつけ期:苗(3月中旬~4月、9月中旬~11月中旬)
  • 開花期 5~6月
監修 園芸研究家 矢澤秀成

種苗会社にて16年間、野菜と花の研究をしたのち独立。植物園や肥料会社、造園会社などの顧問を歴任。またNHKテレビ「趣味の園芸」、「あさイチ(グリーンスタイル)」などの講師をつとめ、家庭園芸の普及に幅広く活躍する。

「趣味の園芸」(NHK出版)、「園芸入門」(同)、「プリムラの育て方」(同)、農業技術大系等、執筆も数多くある。

ケマンソウの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents