野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|サルビア レウカンサの育て方

監修 園芸研究家 矢澤秀成

サルビア レウカンサの栽培管理と収穫の方法について紹介します。

サルビア レウカンサ写真

サルビア・レウカンサは、中央アメリカ原産のシソ科サルビア属の植物です。「レウカンサ」とは「白い花」の意味で、晩夏から晩秋にかけて、赤紫色や紫色の萼の中に、白や紫のビロード状の花を咲かせます。草丈は、150cm前後になり、比較的大型のサルビアです。別名「アメジストセージ」、「メキシカンブッシュセージ」と呼ばれます。

管理

水やり

 土の表面が乾いたら、たっぷりと水やりします。湿り気の多い土壌では、根腐れの原因になるので水はけに注意しましょう。

肥料

 苗の植えつけ時に、粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」、「マイガーデン植物全般用」を1m²当たり150g、植えつける場所の土に混ぜて植えつけます。鉢植えでは、用土1ℓ当たり5gの同様の肥料を、土によく混ぜて植えつけます。なお、基本的には春の芽生えの時期と秋の花の時期に、同様の肥料を株のまわりにばらまいて追肥しましょう。

置き場所

 風通しのよい日当たりを好みす。少なくとも半日は日が当たる場所を選びましょう。日陰で栽培すると徒長して倒れやすくなり、花数もかなり少なくなります。また花色も鮮やかな色が出にくくなります。

支柱立て

 通常に育てると150~200cm近くまで大きくなります。花の時期が台風シーズンと重なります。支柱を立ててしっかり固定しましょう。

切り戻し

 草丈を大きくしたくない場合は、切り戻します。秋の花の準備を考えると切り戻しは、6~7月頃が適期です。ただし、暑い時期になるので、強い剪定は避けましょう。草丈の3割程度を切り戻すイメージで、必ず下葉を残しましょう。

ふやし方

 切り戻した枝などを使ってさし木でふやすことできます。2節ごとに切り分けて、30分程度、切り口を水に浸けてから、植物成長調整剤「ルートン」を切り口に薄くまぶし、さし木専用培養用土にさします。乾かさないように明るい日陰で管理すると、3~4週間ほどで発根します。

冬越し

 サルビア・レウカンサは、とても大きくなり枝もしっかりした太さになりますが、寒さにはあまり強くありません。暖地では冬越しが可能ですが、寒冷地ではマルチングなどの寒さ対策が必要です。晩秋に花がだいたい終わったら、株元から15cm付近まで切り戻します。株元付近を枯れ葉や腐葉土などで厚くマルチングします。秋冬の間に伸びた新芽は、寒さで枯れてしまうことがありますが、マルチングをすれば、枯れ葉や腐葉土の下で育った新芽は、寒さから守られます。

監修 園芸研究家 矢澤秀成

種苗会社にて16年間、野菜と花の研究をしたのち独立。植物園や肥料会社、造園会社などの顧問を歴任。またNHKテレビ「趣味の園芸」、「あさイチ(グリーンスタイル)」などの講師をつとめ、家庭園芸の普及に幅広く活躍する。

「趣味の園芸」(NHK出版)、「園芸入門」(同)、「プリムラの育て方」(同)、農業技術大系等、執筆も数多くある。

サルビア レウカンサの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents