野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|しゅうめいぎくの育て方

監修 園芸研究家 矢澤秀成

しゅうめいぎくの栽培管理と収穫の方法について紹介します。

しゅうめいぎく写真

「シュウメイギク」という名前ではありますが、キクの仲間ではなく、キンポウゲ科アネモネ属の多年草で、春咲きの球根、アネモネに近い植物です。京都府京都市の貴船山周辺に咲いていたことから、「貴船菊(きぶねぎく)」という別名もあります。このように、日本に自生しているため、日本原産の植物のように思われますが、中国から渡来したものが野生化したという説が一般的です。

管理

やや湿り気の多い土を好む性質があります。鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、たっぷりと水やりをしましょう。花壇や庭に植えている場合は、植えつけからひと月程度、新しい根がしっかりのびるまでは、たっぷりと水やりをします。根がのびたら、夏の高温乾燥期以外はほとんど水やりは不要です。乾燥防止に、根元に腐葉土を敷き込むのもよいでしょう。

植えつけ時には、堆肥に粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」、「マイガーデン植物全般用」をまんべんなく混ぜて元肥にします。花が咲いた後は、地上部が枯れるまで、お礼肥として液体肥料「花工場原液」の1,000倍液を1週間に1回施します。

シュウメイギクは、株分けでふやすのが一般的です。時期は、早春から春の地上部が枯れている間に行います。また、タネからもふやすことができます。晩秋、綿毛がついたタネがたくさん採れます。採取したタネは、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存し、翌春にまきます。

ほか、シュウメイギクのふやしかたで面白いのが、「根伏せ(ねぶせ)」という方法です。晩秋、もしくは早春に根を掘り上げて、小さな白い芽がついた根を5~7cmほどの長さに切って植えつけます。

監修 園芸研究家 矢澤秀成

種苗会社にて16年間、野菜と花の研究をしたのち独立。植物園や肥料会社、造園会社などの顧問を歴任。またNHKテレビ「趣味の園芸」、「あさイチ(グリーンスタイル)」などの講師をつとめ、家庭園芸の普及に幅広く活躍する。

「趣味の園芸」(NHK出版)、「園芸入門」(同)、「プリムラの育て方」(同)、農業技術大系等、執筆も数多くある。

しゅうめいぎくの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents