野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|シロタエギクの育て方

監修 園芸研究家 矢澤秀成

シロタエギクの栽培管理と収穫の方法について紹介します。

シロタエギク写真

 シロタエギクは、地中海沿岸原産のキク科の植物で、漢字で書くと「白妙菊」です。葉や茎には、細かい白い毛がつき、株全体がシルバーに見えることから、花壇や寄せ植えのアクセント素材に多く利用されています。  シロタエギクは寒さに強く、霜や雪に当っても元気に生育するため、花の少ない冬花壇を、明るく輝かせてくれる植物としても重宝します。

管理

【プロが監修】シロタエギクの育て方|シルバーリーフの維持方法

水やり

 庭植えの場合は、苗の植えつけ時にたっぷり水を与えれば、その後の水やりは不要です。

 鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりします。いずれも多湿を嫌うので、やや乾燥気味に育てましょう。

 

肥料

 苗を花壇に植えるときに、元肥として粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」、「マイガーデン植物全般用」を1m²当たり150gを土に混ぜます。鉢植えの場合は、同様の肥料を用土1ℓ当たり5g混ぜて、苗を植えつけましょう。

 花壇植え、鉢植えともに、追肥として2カ月に1回、同様の肥料を株元の土の上にばらまくか、2週間に1回、液体肥料「花工場原液」を庭植えでは500倍に、鉢植えでは1,000倍に薄めたものを施します。

置き場所

 日当たりのよい場所を好む植物です。日陰でも育ちますが、間伸びした姿に育ってしまいます。庭植えも鉢植えも、風通しのよい場所で管理します。

ふやし方

 シロタエギクは、さし木でふやすことができます。さし木の時期は、5月中旬から6月下旬、9月下旬から10月下旬です。さし穂を切り取り、切り口を30分程水に浸けてからさし木用土にさすと、4週間ほどで根が動き出します。6週間ほど経ったら、市販の草花用用土を入れた直径9cmのポリポットに植え付けます。さし木をする際に、さし穂の切り口に植物成長調整剤「ルートン」を薄くまぶしておくと、発根が促されます。

 シロタエギクをタネから育てるときは、サクラが咲き終わった4月頃にタネをまきます。双葉が出て、さらに本葉が3枚ほど出てきたら、直径9cmのポリポットに植え替えます。ポットの上から見て、培養土が見えなくなる頃、花壇や鉢に植えつけます。

 なお、タネを採種する場合は、一部の花を残して採種用とし、ほかは早めに花茎を切り取って、株を消耗させないようにすることが大切です。

監修 園芸研究家 矢澤秀成

種苗会社にて16年間、野菜と花の研究をしたのち独立。植物園や肥料会社、造園会社などの顧問を歴任。またNHKテレビ「趣味の園芸」、「あさイチ(グリーンスタイル)」などの講師をつとめ、家庭園芸の普及に幅広く活躍する。

「趣味の園芸」(NHK出版)、「園芸入門」(同)、「プリムラの育て方」(同)、農業技術大系等、執筆も数多くある。

シロタエギクの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents