野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|フェイジョア【地植え】の育て方

監修 宮崎大学農学部教授 國武 久登

フェイジョア【地植え】を育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

フェイジョア【地植え】写真

フェイジョアは、フトモモ科の亜熱帯性常緑果樹です。原産地は、南アメリカのウルグアイ、パラグアイ、ブラジル南部です。パイナップルグアバとも呼ばれます。 果実にはジャコウ(麝香)のような香りがあり、食味は西洋ナシやグアバのような甘味があります。日本人の嗜好に合った珍しい果樹です。

準備

品種選びのポイント

フェイジョアの栽培で注意するべきことは、「人工授粉」を行ない、結実を促す必要があるということです。‘アンドレ’や‘クーリッジ’のように自家結実性の品種もいくつかありますが、‘トライアンフ’や‘マンモス’をはじめ、ほとんどの品種は自分の花粉では実を結ばない自家不和合性の植物です。花のみを観賞する場合は1株でかまいませんが、果実まで収穫する場合は、必ず別品種を組み合わせて、2株以上で栽培することが必要です。

育て方のコツ

フェイジョアの特徴は、樹勢が強く、病害虫がつきにくく、常緑果樹の中では寒さにも強いことです。
 フェイジョアの開花は5月中旬~6月中旬ごろです。ミツバチなどの訪花昆虫が多いところでは問題はないのですが、ベランダや人通りの多い場所では、人工受粉することをおすすめします。
 人工受粉は、当日開花した違う品種の花を持ってきて、花の中央に飛び出している雌しべの先端に押しつけるだけです。1つの花で10花ほどは十分に人工授粉させることが可能です。なお、花粉は、新しいものの方が活性が高いので、古い花は使わず、なるべく当日咲いた花を使いましょう。

植えつけ方

植えつけ

自家不和合性が強く1株では実がつきにくい性質を持っており、2品種を購入する方がよいでしょう。植えつけ適期は3月中旬~4月中旬です。フェイジョアは、寒さに比較的強いので、暖地では秋植えもできますが、ほとんどの地域では春植えがよいでしょう。幅広い環境に適していますが、庭植えの場合は、水はけがよく、風の当たらない日なたを選びます。

 まず、直径、深さとも50cm程度の穴を掘り、掘りあげた土5、腐葉土3、赤玉土小粒2に粒状肥料「マイガーデンベジフル」を1株当たり200g程度よく混合し、1/2〜2/3量程度を埋め戻します。次に、苗木の根鉢をくずして、根を広げて苗を据えてから、さらに用土を入れます。また、苗木の樹高の50cm程度の位置で切り詰め、支柱を立てます。最後に十分に水やりを行ないます。

 なお、比較的寒い地域で栽培する場合には、株の周りに敷きわらを敷くとともに、葉からの水分蒸散を抑えるために、株をコモや寒冷紗などで覆いましょう。乾燥が続くときは、暖かい日を選んで、株の上から水やりを行ないましょう。また、フェイジョアは枝が裂けやすい性質を持っていますので、雪の重みに耐えられる程度のしっかりとした支柱を立てましょう。

監修:宮崎大学農学部教授 國武 久登

1963年、福岡県久留米市生まれ。佐賀大学農学部、千葉大学大学院自然科学研究科修了、学術博士(植物育種学)。佐賀県農業試験研究センター研究員、東海大学農学部助教授を経て、現在、宮崎大学農学部応用生物科学科教授(専門は、植物遺伝育種学、果樹園芸学)。宮崎大学大学院博士課程農学工学総合研究科教授、東海大学大学院非常勤講師を兼任。
カンキツやブルーベリーなどの果樹の品種改良や増殖に関して研究中。また、美味しい家庭果樹の栽培や普及も手がける。著書に、「新版・園芸相談 家庭果樹」、「育てて味わう!まるごとベリー」、「よくわかる栽培12ヶ月 ラズベリー、ブラックベリー」など多数あり。

フェイジョア【地植え】の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents