野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|ジニア・リネアリス(ホソバヒャクニチソウ)の育て方

監修 園芸研究家 矢澤秀成

ジニア・リネアリス(ホソバヒャクニチソウ)の栽培管理と収穫の方法について紹介します。

ジニア・リネアリス(ホソバヒャクニチソウ)写真

ジニアは、北アメリカや南アメリカなどに自生するキク科の植物です。ジニア・リネアリスの和名は、ホソバヒャクニチソウといいます。一般的なヒャクニチソウは、草丈が高く、大きいもので1m近くなりますが、ホソバヒャクニチソウはこんもりと横に広がり、草丈30cm前後にしかならないコンパクトな品種です。 花色は、赤、白、オレンジ色、黄などがあります。

管理

水やり

 土の表面が乾いたらたっぷりと水をやります。通常のジニアに比べてジニア・リネアリスは、高温多湿に強い種類です。

肥料

 肥料は、植えつけ時の元肥として、花壇では粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」、「マイガーデン植物全般用」を1m²当たり150g、鉢植えは用土1ℓ当たり5gを土に混ぜます。

 また、ジニア・リネアリスは、初夏から秋までと、比較的開花期間が長いため、途中花数が減ることがあります。定期的に追肥を施し、花数が減らないように管理することが大切です。植えつけ2~3カ月後から、2カ月に1回、同じ肥料を同量土の上にばらまいて施します。

置き場所

 日当たりのよい場所を選んで植えつけます。日当たりの悪い場所では、生育が悪くなり、徒長してしまいます。また、花色が悪くなったり、花数が少なくなったりするので、注意しましょう。

切り戻し

 ジニア・リネアリスは比較的開花期が長く、途中で草姿が乱れることがあるので、定期的に切り戻しすることをおすすめします。

 まず、初夏から夏に花を楽しんだ後、7月下旬に切り戻します。この切り戻しは、夏の高温多湿期の間の蒸れを防ぐとともに、新しい茎葉を促します。すると秋からの花数をふやすことができます。切り戻すときは、株元から20cm前後のところで、必ず葉を残した状態で切りましょう。葉がなくなって茎が棒だけの状態になると、株の再生が遅れたり、枯死したりすることがあるので注意しましょう。

 なお、花がら摘みは、ジニア・リネアリスの場合、特に必要はありません。

ふやし方

 ジニア・リネアリスは、さし木やタネまきでふやすことができます。

 タネまきは、ヤエザクラが咲くころが適期です。本葉が3枚程度開いたら、3号のポリポットに植え替えます。その後、本葉が8~10枚程度になったら、花壇や好みの鉢などに植えつけします。

 さし木は、5月下旬~7月上旬が適期です。茎を2~3節ごとに切り、水に30分程度浸けた後に、植物成長調整剤「ルートン」を切り口に薄くまぶし、さし木用培養土にさします。水をたっぷり与えて、明るい日陰で管理します。3~4週間たったら、3号のポリポットに植え替えます。

監修 園芸研究家 矢澤秀成

種苗会社にて16年間、野菜と花の研究をしたのち独立。植物園や肥料会社、造園会社などの顧問を歴任。またNHKテレビ「趣味の園芸」、「あさイチ(グリーンスタイル)」などの講師をつとめ、家庭園芸の普及に幅広く活躍する。

「趣味の園芸」(NHK出版)、「園芸入門」(同)、「プリムラの育て方」(同)、農業技術大系等、執筆も数多くある。

ジニア・リネアリス(ホソバヒャクニチソウ)の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents