野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|さやいんげん【地植え】の育て方

監修:恵泉女学園大学教授 藤田智

さやいんげん【地植え】を育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

さやいんげん【地植え】写真

 サヤインゲンは、中央アメリカが原産のマメ科の野菜です。1654年に隠元禅師によってわが国へ伝えられたことに因んで「インゲン」と呼ばれるようになったそうです。  ちなみに、若いサヤを丸ごと食べる野菜として扱う場合は「サヤインゲン」、完熟した豆を乾物として扱う場合は「インゲン」と呼んでいます。  インゲンは、食物繊維、カロテンに加え、カルシウム、鉄などのミネラルにも富み、調理法もごく簡単です。

準備

作型や品種の特徴

 つるなし品種とつるあり品種に大別できます。つるなしは、タネまきから収穫までの期間が55日程度と短く、支柱も必要ありません。初心者やコンテナ栽培にも向きます。品種には、‘さつきみどり2号'、‘アーロン'などがあります。

 収穫期間の長いつるあり品種には、‘ケンタッキー101'、‘プロップキング'などがあります。

また、柔らかく味のよい平サヤ品種では、‘モロッコ'、地方品種の‘あきしまササゲ'などがつくりやすくおすすめです。

育て方のコツ

 栽培適温は15~25℃で、25℃を超えると花が落ちやすくなります。

 サヤインゲンはマメ類なので、根に根粒菌(窒素固定菌)が共生し、根粒を形成します。根粒菌は、マメから栄養を拝借する代わりにマメにチッ素分を還元するので、マメ類はそれほど肥えていない場所でも栽培できるのが、最大の特徴。なお、マメ類を栽培し終わっても、根を土中に残せば、地力アップに役立ちます。逆にいえば、チッ素分を施し過ぎると「つるボケ」するので、施肥の分量に注意が必要です。

タネまき

 4月中旬から6月中旬までが、タネまき適期です。畝幅60cmをとり、タネまきの1~2週間前に苦土石灰を1m²当たり100gまいてよく耕します。その1週間後、堆肥を1m²当たり2kg、粒状肥料「マイガーデンベジフル」を1m²当たり120gをまいてよく耕し、高さ10cmの平畝を立てます。株間は30cmとってタネを1カ所3粒ずつまきます。タネまき直後と発芽直後は、鳥害を防ぐためにも、不織布や寒冷紗などで覆っておくとよいでしょう。

監修 恵泉女学園大学教授 藤田智

1959年、秋田県生まれ。岩手大学農学部、岩手大学大学院終了。恵泉女学園短期大学助教授を経て、現在、恵泉女学園大学人間社会学部人間環境学科教授(専門は、野菜園芸学、農業教育学)。
女子栄養大学、横浜国立大学非常勤講師。
NHK趣味の園芸・やさいの時間講師、NHKラジオ夏休み子供科学電話相談回答者(植物)、日本テレビ世界一受けたい授業講師(野菜)。
著書は、「野菜づくり大図鑑」(講談社)、「キュウリのとげはなぜ消えたのか」(学研新書)、「ベランダ畑」(家の光協会)  など多数あり。

さやいんげん【地植え】の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents