野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|熱帯スイレンの育て方

園芸研究家 倉林雪夫

熱帯スイレンの栽培管理と収穫の方法について紹介します。

熱帯スイレン写真

夏の暑い日差しの中、色鮮やかに咲く熱帯スイレンの花は香りも良く、ひと時の涼感を感じさせてくれます。水面からしっかりと立ち上がり、鑑賞しやすいだけでなく、秋遅くまで咲き続けてくれるのも特長です。

置き場所

半日以上日の当たるところに置きます。

水やり

水が減ってきたら、株元が露出しないうちに水を継ぎ足していっぱいにします。水道水をそのまま入れてかまいません。
水が極端に濁らない限り、水替えは不要です。

肥料

元肥が十分にいれてあれば追肥不要ですが、葉色が薄くなって生育が悪くなってくるようなら、「マイガーデン粒状肥料」または、市販のスイレン用肥料か錠剤型の肥料を株元から離れたところに埋め込みます(水中に溶け出さないよう、土に埋めてふたをする)。

古葉摘み

黄色くなってきた葉や重なり合った葉などは早めに摘み取ります。

わき芽摘み

小さな葉が出てきたらわき芽なので、付け根から摘み取ります(わき芽が増えると花が咲きにくくなる)。

花ガラ摘み

終わった花は閉じた状態で水中にもぐりますが、放置すると腐ってきて水が汚れるので、摘み取ります。
特に小型のスイレン鉢での栽培では花ガラが容器の外に出て虫の発生源になるので、忘れずに摘み取ります。

防寒・冬越し

球根を完全に休眠させるため、10月頃から水深を浅くし株元が水から出るようにしておきます。

新芽の展開が止まり、古葉の葉柄が球根からポロッと取れるようになれば球根が休眠に入っているので、根を切って土から取り出し、洗って室内で保管します。

少し水気を含んだ水苔で包みチャック付きのポリ袋に密封して室内で春まで保管しておきます。水苔の代わりにフェルトで包んだり、ココチップやおが屑でも良いです。

または、水の入ったコップに入れ、室内の窓辺で管理する方法もあります。この場合は徐々に葉が伸び水も汚れてくるので、適当に水替えと掃除を行い春まで維持します。
越冬温度は5℃~10℃程度で良い。

もう一つの方法として、ムカゴ種に限り、ムカゴで小球を作りそれを上記の方法で保管すると越冬しやすいです。

この場合は、切り離した葉をひっくり返さずに浮かべておくと新芽や根があまり伸びず、小さな球根ができます。

  • コップに入れて越冬
    コップに入れて越冬
  • 室内の窓辺に置く
    室内の窓辺に置く
  • 上向きで作ったムカゴ球
    上向きで作ったムカゴ球

ふやし方

ムカゴ種の場合、ムカゴのついた葉を株から切り離し水に浮かべておくと簡単に小苗が作れます。

この場合、少し古くなった葉が適していて、葉柄を4㎝程つけて葉を切り離し、ひっくり返して水に浮かべておくのがポイントです。すぐに新芽と根が伸び出し、3~4週間ほどで植え付けできるサイズまで育ちます。

  • 発根したムカゴ
    発根したムカゴ

植え付けるときは黄色くなった親葉を取り外し、根は2㎝に切り詰めておくと扱いやすいです。植え付け方法は、浮いてこないよう用土に軽く押し付け針金で作ったUピンで固定すると良い。土に埋め込んでしまうと生育が遅くなります。

時期は7月から8月が適期で、上手に育てれば秋までに開花させられます。

非ムカゴ種の場合、わき芽が出たら葉のサイズが5㎝程度になるまで育て、それをかきとって育てると良いです。
または、越冬した翌年には球根から多数の芽が出るので、それを分けることもできます。

越冬した球根 の植え付け

4月中旬頃に水の入ったコップに入れ、日の当たる暖かい窓辺で芽出しを行います。週に一度水を入れ替えておくと1~2週間で発芽し始めるので、葉が5㎝以上に伸びてきたら鉢に植え付けできるようになります。

  • 根が伸びてきたら植え付ける
    根が伸びてきたら植え付ける

植え付けのタイミングは屋外で水温が15℃以上になってからで、充分に暖かくなってから行います。寒いと休眠してしまいかえって生育が遅くなります。

植え込むとき、新芽が土で埋まらないよう浅植えにしますが、球根が大きい場合邪魔になるので、球根本体を横にねかせて植えると植えやすくなります。古い球根からは発根しないので埋める必要はありません。また、根が長く伸びていたら、新芽に絡んでしまうので、すべて埋めてやるか、邪魔な場合は切り詰めても構いません。

わかりにくいのですが、球根から複数の芽が出ていると花が咲きにくくなるので、一番大きな芽だけ残し、あとは芽カキして植え付けると花が早く咲いてきます。

この場合は、植え付け後十分に活着して浮き葉が展開し始めてから肥料を埋め込んだ方が安全です。水中に溶け出さないよう、株元から離れたところにまとめて埋め込み、土で覆っておきます。

害虫&病気対策

熱帯スイレンは病害虫の少ない植物なので、ほぼ無農薬で栽培が可能です。

しかしアブラムシが付くことがあり、放置しておくと生育に影響するので、早めに防除します。

メダカを飼っていなければ、「オルトランDX粒剤」を水中に撒けば簡単に防除できますが、メダカがいる場合には魚に影響の少ない「モスピラン・トップジンMスプレー」を葉に散布します。

鉢から飛び出している葉が多いと、その葉裏に付きやすくなるので注意します。特に秋口に大量発生することがあるので、気を付けましょう。

葉が直径1~2㎝にくりぬかれ水に浮いていたら、ミズメイガの仕業です。その中に小さな芋虫が潜んでいるので、回収して捕殺します。

ごくまれに、葉に褐色の斑点が出る褐斑病が発生しますが、少ないうちに病気の葉を回収してしまえば、ほとんど問題ありません。

監修 園芸研究家 倉林雪夫

1950年 東京都生まれ 明治大学農学部卒。
三重県の(株)赤塚植物園育種開発部参与。シャクナゲやタイタンビカス等さまざまな植物の育種を担当。熱帯スイレンについては、海外からの導入だけでなく、量産体制のシステム作りや一般への普及に取り組んできた。
NHK「趣味の園芸」で過去2回熱帯スイレンのテーマで出演。

熱帯スイレンの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents