野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

栽培管理|フェンネル【地植え】の育て方

フェンネル【地植え】の栽培管理と収穫の方法について紹介します。

フェンネル【地植え】写真

初夏から夏にかけて、2m近くまで伸びた茎先に、黄色いパラソルのような花を咲かせる多年性のハーブです。大型で非常に見栄えがするため、ハーブガーデンの主役になりそうです。銅葉の種類は、ブロンズフェンネルと呼ばれ、ガーデンの彩りに恰好の素材となります。株元が肥大するフローレンスフェンネルは、一年草です。近年、使い切りにできるミニタイプが注目されています。

管理

置き場

庭植えでは、水はけ、風通しのよい日なたに植えつけます。鉢植えでは、水はけのよい培養土を使い、日なたに置きましょう。

水やり

庭植えでは、植えつけ直後にたっぷり水やりをします。根づいた後も、乾かし過ぎないように水やりしましょう。とくに夏に乾燥させないように注意します。
鉢植えでは、鉢土の表面が乾いたら、たっぷり水やりします。

肥料

植えつけ時、粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」を1m²当たり150gを植え場所の土にばらまきます。鉢植えの場合も、植えつけ時に用土1ℓ当たり5gの粒状肥料「マイガーデン花・野菜用」を混ぜて使います。初夏と初秋には同量の肥料を追肥しましょう。

株分け

直根性のため、植えつけ時は移植を避けたい植物ですが、2年以上経って大株になれば株分けすることができます。4~5月、あるいは9~10月に、丁寧に根をほぐして分けましょう。

フェンネル【地植え】の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents