野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

準備と植え付け|だいこん【地植え】の育て方

監修:恵泉女学園大学教授 藤田智

だいこん【地植え】を育てるための準備と植えつけの方法をご紹介します。

だいこん【地植え】写真

品種の多さ、生産量、消費量ともに、日本が世界のトップを誇る野菜、ダイコン。古くからなじみ深い野菜のひとつで、練馬、三浦、桜島、聖護院、守口といった、土地の名前を冠した品種があります。これは、漬物を筆頭に、各地の食文化との結びつきがあって、つくられてきた野菜であることを物語っています。

準備

作型や品種の特徴

作型は、主に春まきと秋まきの2タイプ。秋まきには、青首ダイコンの‘耐病総太り'、‘YRくらま'、‘YR勝太郎'、‘献夏37号'などがあります。春まきには‘おはる'、‘おしん'、‘天宝'、‘YR てんぐ'などがあります。品種名にYRとつくものは、萎黄病に抵抗性があります。 ほか、薬味に便利な辛味ダイコンの‘辛丸'、内部まで緑色や紅色の中国ダイコンもあります。

育て方のコツ

ダイコンの生育適温は17~20℃で、冷涼な環境を好みますが、10℃以下になると花芽分化が起き、根の肥大が停止してしまいます。生育適温に合った時期に栽培するよう、タネまきの時期を逃さないことと、季節に合った品種を選ぶことが大切です。また、ダイコン栽培のキーワードは「深耕・精耕」です。土を深く、丹念に耕すことがよいダイコンをつくるという意味です。

タネまき

ダイコンは直根性のため、直まきにします。花芽分化が起きる気温の前に、根を十分肥大させることが必要なので、タネまき時期を守りましょう。春まきでは4月上旬~5月上旬、秋まきでは8月下旬~9月中旬が適期です。タネまきの2週間前までに、苦土石灰を1m²当たり100~150gをまいてよく耕しておきます。1週間前に、1m²当たり完熟牛ふん堆肥を2kg、粒状肥料「マイガーデンベジフル」120gをまき、土を砕くようにしてまんべんなく混ぜ、ふかふかで通気性のよい土をつくるようにします。1週間後、幅60cmの畝を立て、株間30cmをとって、底が平らな缶やビンを土の表面に押しつけて、深さ1cmほどのまき穴をあけます。まき穴1つにつき、4~5粒のタネをまき、覆土をしてたっぷりと水やりしましょう。

覆土した上に、腐葉土やもみ殻をかけておくと、乾きを予防できます。畝全体に不織布を張ってもよいでしょう。

なお、ダイコンを連作し、亀裂褐色変が多発している畑では、堆肥を多めに施し、同時に「石原フロンサイド粉剤」などの土壌殺菌剤を処理することをおすすめします。

監修 恵泉女学園大学教授 藤田智

1959年、秋田県生まれ。岩手大学農学部、岩手大学大学院終了。恵泉女学園短期大学助教授を経て、現在、恵泉女学園大学人間社会学部人間環境学科教授(専門は、野菜園芸学、農業教育学)。
女子栄養大学、横浜国立大学非常勤講師。
NHK趣味の園芸・やさいの時間講師、NHKラジオ夏休み子供科学電話相談回答者(植物)、日本テレビ世界一受けたい授業講師(野菜)。
著書は、「野菜づくり大図鑑」(講談社)、「キュウリのとげはなぜ消えたのか」(学研新書)、「ベランダ畑」(家の光協会)  など多数あり。

だいこん【地植え】の育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents