野菜・花・果樹・庭木の育て方植物栽培ナビ

インドゴムノキの育て方

監修:園芸研究家 尾崎 忠

インドゴムノキの育て方について紹介いたします。
このページではインドゴムノキの基本情報やまめ知識をご紹介しています。

インドゴムノキ写真

 インドゴムノキは、インド北部からマレー半島原産の常緑高木で、イチジクやベンジャミンと同じクワ科イチジク属(Ficus)に属します。かつてはこの木の樹液から天然ゴムを採取していましたが、質が悪いため、現在ではゴムの採取には、もっぱらトウダイグサ科のパラゴムノキが利用されています。両種とも単に「ゴムノキ」と呼ぶ場合があるので混同しないように注意します。

基本情報

  • 科名属名:クワ科イチジク属(フィクス属)
  • 原産地:インド北部~マレー半島
  • 分類:半耐寒性,木本(常緑)
  • 栽培のスタート:苗木から
  • 日照条件:日なた
  • 生育適温:30℃(冬越しは10℃以上)
  • 水やり:春と秋は、鉢土の表面が乾いたらたっぷり与え、夏は毎日与える。冬は、室内に取り込み乾かし気味に管理し、鉢土の表面が乾いたらたっぷりやる。また冬の室内は暖房などで乾燥しがちなので、こまめに霧吹きで葉水を与えて湿度を高めるとよい
  • 特徴:高温多湿を好む。日当たりのよい場所を好むが、対陰性も強い
  • 樹高:10~200cm
  • 植えつけ期:5月中旬~9月中旬
監修 園芸研究家 尾崎 忠

1973年8月生まれ。(有)エクゾティックプランツ代表取締役として熱帯植物の生産を行う。 帝京大学経済学部経済学科卒業後、公園緑地の樹木名板やサインに関する営業職を経て、2000年に家業である同社に入社する。 約2500~3000種の植物生産管理に携わる傍ら、アブチロンの育種を行う。現在は、トケイソウやハイビスカスの苗をメインに生産中。サンセベリアや、ビカクシダ、ホヤなどのコレクションも豊富。「熱帯植物には、まだまだ魅力的な植物がたくさんあります。一つでも多く家庭園芸に普及するよう努力していきたいです。」

インドゴムノキの育て方のページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents