肥料を植物に与え元気に育てる!肥料ナビ
肥料成分の働き マンガン(Mn)

マンガン(Mn)がどのような働きをするのか、不足した時の症状(欠乏症)、過剰な時の症状(過剰症)について解説します。

植物体内での働き

マンガン(Mn)は乾電池などでお馴染みの金属元素ですが、植物体内では炭水化物や有機酸、チッ素などの代謝に関わる酵素に含まれる微量要素です。葉緑素のほかビタミン類の生合成にも必要な成分です。また植物が光合成をおこなうとき、二酸化炭素を固定するのに必要不可欠な成分でもあります。

欠乏症

症状は古い葉からあらわれ、鉄欠乏に似た症状で、葉の葉脈の間が黄色くなります。ぶどうでは果実が着色不良となります。生育不良、着花不良の原因の一つです。

マンガン欠乏による着色不良(ぶどう)
マンガン欠乏による着色不良(ぶどう)
マンガン欠乏(スイトピー)
マンガン欠乏(スイトピー)

過剰症

根が黒く変色します。葉には褐色の斑点があらわれます。りんごでは、樹皮が荒れ、ひび割れなどを生じる「粗皮病」が発生する。また鉄欠乏症の発生を助長します。

マンガン過剰 (きゅうり水耕栽培)①
マンガン過剰 (きゅうり水耕栽培)①
マンガン過剰 (きゅうり水耕栽培)②
マンガン過剰 (きゅうり水耕栽培)②
マンガン過剰(いちご)
マンガン過剰(いちご)

マンガン(Mn)の働きと不足した時の症状(欠乏症)、過剰な時の症状(過剰症)について解説しています。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents