暮らしの中で園芸を楽しむ園芸の基本
まずは知りたい園芸知識

タネまきと植え付け作業の基礎知識をご紹介します。このページでは花壇の植え付けについてご紹介しています。

「園芸の基本」目次に戻る

4.基本のタネまきと植え付け作業

4-5.花壇にポット苗を植える

手軽に花づくりを楽しむには、園芸店に出回るポット苗を求めて花壇に植えるといいですが、何をどのように植えるか迷ったときは、花色や草丈を統一したり、しなやかな草花でナチュラルな雰囲気を出すなど、花壇のテーマを決めると、植える種類や花色もおのずと決まります。
株間は、花が咲いたときの草丈が低いものなら15~20㎝、高く育つものは30~50㎝、株がこんもり育つものは20~25㎝くらいが適切です。なお、奥から手前に苗を植えていくと、先に植えた株を傷めず、楽に作業ができます。

初夏から秋まで楽しめる花壇

① 育つ大きさを考えて株間を取り、ポット苗を土の上に置いて全体の感じやバランスを確認する。

① 育つ大きさを考えて株間を取り、ポット苗を土の上に置いて全体の感じやバランスを確認する。

② 配置した苗を奥から手前に、順に植えていく。

② 配置した苗を奥から手前に、順に植えていく。

・苗の植えつけ

① 株間を30㎝とって苗(モモバギキョウ)を配置する。

① 株間を30㎝とって苗(モモバギキョウ)を配置する。

② 移植ゴテで根鉢と同じ高さの穴を掘る。

② 移植ゴテで根鉢と同じ高さの穴を掘る。

③ 緩効性の化成肥料を入れて土とよく混ぜる。

③ 緩効性の化成肥料を入れて土とよく混ぜる。

④ 根鉢を崩さないようにポットを外す。

④ 根鉢を崩さないようにポットを外す。

⑤ 白い根が根鉢を覆っていたら、根鉢を少し崩して傷んだ根をはがしておく。

⑤ 白い根が根鉢を覆っていたら、根鉢を少し崩して傷んだ根をはがしておく。

⑥ 植え穴に苗を入れ、地面の高さと根鉢の表面が同じ高さになるように植える。

⑥ 植え穴に苗を入れ、地面の高さと根鉢の表面が同じ高さになるように植える。

⑦ 株元に土を寄せて上から軽く手で押さえ、株を安定させる。

⑦ 株元に土を寄せて上から軽く手で押さえ、株を安定させる。

⑧ 表面から15cmくらいまでの深さまで水がしみこむようにたっぷり水をやる。

⑧ 表面から15cmくらいまでの深さまで水がしみこむようにたっぷり水をやる。

・植える深さ

植える深さ

苗は浅植えでも深植えでも根つきが悪い。根鉢と土の表面の高さが同じになるように植える。

花壇の植え付けについてご紹介しています。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents