暮らしの中で園芸を楽しむ園芸の基本
まずは知りたい園芸知識

タネまきと植え付け作業の基礎知識をご紹介します。このページでは苗木の選び方についてご紹介しています。

「園芸の基本」目次に戻る

4.基本のタネまきと植え付け作業

4-8.庭木や果樹を育てるコツ

よい苗木の選び方

苗木で一番大事なのは根です。樹木は、しっかり根を張ってゆっくり生長しますから、根の状態によって生育に差が出ます。まず、太い根がしっかり張っていて、細根が多いものを選び、入手したら根を乾かさないように、すぐに植え付けます。
土地の気候や、日当たりなど庭の環境に合わないと栽培はうまくいきません。どのくらい大きくなるか、剪定など管理が容易かどうかも考慮して苗木を選びましょう。

よい苗木、悪い苗木

よい苗木、悪い苗木
よい苗木

細根がたくさんあって、全体が詰まった感じ
充実した芽がよくついている
接ぎ木は、接ぎ口がしっかり癒合している
品種名がはっきりしている
葉の枚数が多く、葉色が濃い(常緑樹)


悪い苗木
太根が多く、細根が少ない
節間が間延びしてひょろひょろしている
不自然に曲がっている
病害虫の跡がある
葉が少なく、色が淡く元気がない(常緑樹)
接ぎ木の部分がこぶ状になっていたり、しっかりついていない


売られている苗木


根巻き苗
根巻き苗

根が乾燥しないように、土ごとこもや麻布などに包んである状態の苗木。比較的大きな苗に多い。


裸苗


裸苗
裸苗
裸苗

根がむき出しになっている苗木で、ウメやカキなど落葉性果樹の1年生苗に多い。根の乾燥を避けるためにミズゴケやビニールなどに包まれているものも多い。


ポット苗


ポット苗

鉢やビニールポットに植えてある苗で、1年中いつでも入手できる。

苗木の選び方についてご紹介しています。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents