暮らしの中で園芸を楽しむ園芸の基本
まずは知りたい園芸知識

ふやして楽しむテクニック:木や草花のリフレッシュと繁殖をご紹介します。このページでは洋ランの植え替えについてご紹介しています。

「園芸の基本」目次に戻る

6.ふやして楽しむテクニック:木や草花のリフレッシュと繁殖

6-2.洋ランの植え替え

ランは温帯から熱帯まで広く分布しています。そのなかで観賞価値の高い美しい花を咲かせるものを「洋ラン」と呼んでいます。洋ランも植えっぱなしでは満足な花が咲かなくなるので、定期的に植え替えましょう。植え替え適期は、春、新芽が伸びはじめたときで、気温の低い冬や盛夏は行わないようにします。


1)カトレアの植え替え

株と鉢のバランスが大事。大きめの鉢に植えると鉢内が乾かず、根腐れの原因になるので、根をミズゴケで包んできっちり入るくらいの小さめの鉢のほうがよく育つ。
適期 4月中旬~5月中旬

① バルブを小さく分けると数年間花が見られないので、バルブは最低でも3~4つつける。

① バルブを小さく分けると数年間花が見られないので、バルブは最低でも3~4つつける。

② ピンセットで腐ったミズゴケを取り除き、傷んだ根や折れた根も切る。

② ピンセットで腐ったミズゴケを取り除き、傷んだ根や折れた根も切る。

③ 防虫網を敷き、鉢のかけらを1/4くらい入れる。

③ 防虫網を敷き、鉢のかけらを1/4くらい入れる。

④ 新芽が伸びる方向にスペースをとって植え込むので、位置を確認する。

④ 新芽が伸びる方向にスペースをとって植え込むので、位置を確認する。

⑤ 湿らせて絞った新しいミズゴケを、鉢の外径より少し大きめに巻き付ける。

⑤ 湿らせて絞った新しいミズゴケを、鉢の外径より少し大きめに巻き付ける。

⑥ 3.5号の素焼き鉢に押し込む。

⑥ 3.5号の素焼き鉢に押し込む。

⑦ 支柱を立てて、最も新しいバルブを直立させる。

⑦ 支柱を立てて、最も新しいバルブを直立させる。

2)シンビジウムの植え替え

2年に1回が目安で、鉢の縁から根があふれてきたら植え替える。大柄で豪華に花を咲かせるが、植え替えに大きすぎる鉢はだめ。一回り大きな鉢で、鉢底にたくさん穴が開いているプラスチックの鉢が適している。
適期 3~5月

① 鉢の周りを軽くたたいてから、縁を上からたたいて株を抜く。

① 鉢の周りを軽くたたいてから、縁を上からたたいて株を抜く。

② 新しい鉢に根が入りきらないときは、根鉢の下を水平に切り、鉢に入るように調整する。

② 新しい鉢に根が入りきらないときは、根鉢の下を水平に切り、鉢に入るように調整する。

③ 鉢の底に軽石を1~2㎝程度入れ、根鉢は崩さず、株元が見えるくらいに植える。

③ 鉢の底に軽石を1~2㎝程度入れ、根鉢は崩さず、株元が見えるくらいに植える。

④ 新芽が出ている方向にスペースをあけて株を据え、根鉢と鉢の間に軽石を入れる。

④ 新芽が出ている方向にスペースをあけて株を据え、根鉢と鉢の間に軽石を入れる。

⑤ 隙間ができないように割り箸などで軽石を押し込む。

⑤ 隙間ができないように割り箸などで軽石を押し込む。

⑥ 鉢底から流れ出るまでたっぷり水をやる。

⑥ 鉢底から流れ出るまでたっぷり水をやる。

洋ランの植え替えについてご紹介しています。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents