暮らしの中で園芸を楽しむ園芸の基本
まずは知りたい園芸知識

整枝・剪定のテクニック:樹形を整えるをご紹介します。このページでは整枝・剪定の時期についてご紹介しています。

「園芸の基本」目次に戻る

7.整枝・剪定のテクニック:樹形を整える

7-3.整枝・剪定の時期

剪定にはふさわしい時期があり、落葉樹も常緑樹も大きく分けると年に3回です。時期を誤ると生長を妨げたり、花や実がつかないこともあるので、適期に行うことが大事です。

春の剪定(3月下旬~4月上旬)

寒さも一段落し、新芽の出る前なので、この時期は強く切っても傷みが少ないです。剪定後、すぐに新芽が伸びるので早く大きくしたいときに向く剪定です。

夏の剪定(5月中旬~6月下旬)

新芽が固まり充実した時期です。この時期に剪定すると揃って芽が出るので、樹形がまとまります。

秋の剪定(9月中旬~10月上旬)

特に伸びている枝を切るだけで、木全体の剪定はしません。

整枝・剪定の時期についてご紹介しています。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents