殺虫剤オルトランとスミチオンの混合剤

オルチオン乳剤

オルチオン乳剤をご紹介しています。
オルチオン乳剤の特長や使用方法、安全使用上の注意点についてご案内しています。

  • 草花
  • 観葉
  • 花木
  • 庭木
  • 野菜
  • ハーブ
  • 果樹
  • 芝生

オルトランとスミチオンの混合剤

容量100ml
JANコード4975292603450
オンラインショップで購入
殺虫成分の作用性 速効性 持続性
殺菌成分の作用性 予防効果 治療効果
有効成分アセフェート・MEP
薬剤登録農林水産省登録第18747号
性状黄色澄明可乳化油状液体
剤型乳剤

商品特長

  • 家庭園芸で代表的なオルトランとスミチオンの有効成分を混合した殺虫剤です。
  • 予防的効果*(アブラムシ)による持続性と直接殺虫効果で様々な害虫を効果的に退治します。
    *殺虫効果の長い残効性を指す

使用方法

水でうすめて散布

適用害虫と使用方法

※ 印は本剤及びそれぞれの有効成分を含む農薬の総使用回数の制限を示す。

作物名 適用害虫名 希釈倍数 使用液量 使用時期 総使用回数※ 使用方法
つつじ類 ケムシ類 200~400倍 200~700L/10a 発生初期 本剤:5回以内
アセフェート:5回以内
MEP:6回以内
散布
ツツジグンバイ
カイガラムシ類 200倍
樹木類(つつじ類を除く) ケムシ類 200~400倍 100~300L/10a
ばら、きく アブラムシ類

効果・薬害等の注意

●使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。
●散布液調製後はできるだけ速やかに散布してください。
●夏季高温時に、さくらには使用しないでください(薬害)。
●あぶらな科作物、もも(5~6月)、なし(二十世紀)、ストックにはかからないようにしてください(薬害)。
●本剤を適用作物群に属する作物又はその新品種に使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお病害虫防除所または販売店と相談することが望ましいです。

安全使用上の注意

マスク着用 塗装注意

●体調のすぐれない時は散布しないでください。
●誤飲に注意してください。誤って飲み込んだ場合は吐かせないで、直ちに医師の手当を受けてください。使用中に身体に異常を感じた時は、直ちに医師の手当を受けてください。
●眼に入らないように注意してください。眼に入った場合は直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください(刺激性)。
●皮ふに付着しないように注意してください。皮ふに付いた場合は直ちに石けんでよく洗い落としてください(刺激性)。
●かぶれやすい人は取扱いに十分注意してください。
●散布時は、農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼・うがいをするとともに衣服を交換してください。作業時に着用していた衣服等は他のものとは分けて洗濯してください。
●自動車、壁などの塗装面、大理石、御影石に散布液がかからないよう注意してください(変色)。
●蚕に対して影響があるので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
●ミツバチに対する注意。
●巣箱及びその周辺にかからないようにしてください。
●関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体等)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めてください。
●使用後の空容器は3回以上洗浄してから処理してください。

魚毒性等:河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意してください(甲殻類)。使用残りの薬液が生じないように調製し、使いきってください。散布器具・容器の洗浄水は、河川等に流さないでください。また、空容器等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。

関連資料

使用に際しては必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従ってお使いください。

オルチオン乳剤をご紹介しています。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。