殺虫剤ばらまくだけで広範囲の害虫に効果が持続

家庭園芸用GFオルトラン粒剤

家庭園芸用GFオルトラン粒剤をご紹介しています。
家庭園芸用GFオルトラン粒剤の特長や使用方法、安全使用上の注意点についてご案内しています。

  • 草花
  • 観葉
  • 花木
  • 庭木
  • 野菜
  • ハーブ
  • 果樹
  • 芝生

ばらまくだけで広範囲の害虫に効果が持続

容量200g
JANコード4975292030317
オンラインショップで購入

ばらまくだけで広範囲の害虫に効果が持続

容量650g
JANコード4975292603405
オンラインショップで購入

ばらまくだけで広範囲の害虫に効果が持続

容量1kg(袋入)
JANコード4975292030355
オンラインショップで購入

ばらまくだけで広範囲の害虫に効果が持続

容量1.6kg(袋入)
JANコード4975292601876
オンラインショップで購入
殺虫成分の作用性 速効性 持続性
殺菌成分の作用性 予防効果 治療効果
有効成分アセフェート
薬剤登録農林水産省登録第21789号
性状類白色細粒
剤型粒剤

商品特長

  • 吸汁性害虫(アブラムシ等)及び食害性害虫(ヨトウムシ、アオムシ等)に効果のある浸透移行性殺虫剤です。
  • 効果が持続しますので、広範囲の園芸害虫の防除に適しています。
  • 散粒容器入りですので手を汚すことなく手軽に使用できます。【200g】

使用方法

そのまま散布

適用害虫と使用方法

※印は収穫物への残留回避のため、本剤及びその有効成分を含む農薬の総使用回数の制限を示します。

作物名 適用害虫名 使用量 使用時期 総使用回数※ 使用方法
きく ヨトウムシ類、ネキリムシ類、ハモグリバエ類 6g/㎡ 発生初期 5回以内 株元散布
アブラムシ類、アザミウマ類 3~6g/㎡
宿根スターチス
ヨトウムシ類、コガネムシ類幼虫 6g/㎡
カーネーション ヨトウムシ類、コナガ
アブラムシ類、アザミウマ類 3~6g/㎡
アリウム
ヨトウムシ類、ネギコガ 6g/㎡
花き類・観葉植物
(きく、宿根スターチス、カーネーション、アリウムを除<)
アブラムシ類、アザミウマ類 3~6g/㎡
ヨトウムシ類 6g/㎡
スジキリヨトウ、シバツトガ 10g/㎡ 全面散布
タマナヤガ 5~10g/㎡
きゅうり、なす アブラムシ類、
アザミウマ類、オンシツコナジラミ
3~6g/㎡(1株当り1~2g) 定植時 1回 植溝散布又は植穴処理
トマト アブラムシ類、オンシツコナジラミ
ピーマン アブラムシ類 1株当り2g 株元散布
キャベツ 6g/㎡ 育苗期 本剤:1回
アセフェート:2回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は1回以内)
散布
アザミウマ類 6g/㎡(1株当り2g) 定植時 植穴処理
アオムシ、コナガ、ヨトウムシ、アブラムシ類  
3~6g/㎡(1株当り2g)
はくさい 1回
なばな アブラムシ類 6g/㎡ 定植時 植溝土壌混和
は種時 播溝土壌混和
ブロッコリー ヨトウムシ、アザミウマ類 6g/㎡(1株当り2g) 定植時 株元散布
だいこん アオムシ、コナガ、アブラムシ類 3~4g/㎡ は種前 植溝散布
かぶ アブラムシ類 4g/㎡ 収穫21日前まで 株元散布
ばれいしょ 3~6g/㎡(1株当り1~2g) 植付時 本剤:1回
アセフェート3回以内
(植付時の処理は1回以内、植付後は2回以内)
植溝散布
えだまめ ハスモンヨトウ 3~6g/㎡ 収穫21日前まで 3回以内 生育期株元散布
つつじ類 ツツジグンバイ 12g/㎡ 発生初期 5回以内 株元散布

●散布は一ヵ所に集中せず均一に散布してください。
●200g入ボトルは、容器を上下に軽く4~5回振りますと約1gの散布量になります。

登録内容変更についてのお願い (2014年9月11日付)

登録内容変更のご案内 (2014年10月17日付)

登録内容変更についてのお知らせ (2014年11月17日付)

  • 2007年4月11日付:なばなの追加
  • 2008年5月14日付:キャベツの変更、なばなの変更
  • 2014年11月17日付:ミニトマト、はつかだいこんの削除。その他作物の変更。
  • 2017年9月13日付:キャベツのアザミウマ類の追加。
  • 2018年11月7日付:ブロッコリーの変更。つつじ類の追加。

効果・薬害等の注意

①土壌が極度に乾燥している時は使用しないでください(効果)。 
③芝のスジキリヨトウ、シバツトガ及びタマナヤガの防除に使用する場合、散布後1㎡当り0.5~1.0Lの散水を行ってください(効果)。
⑤適用作物群に属する作物またはその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、病害虫防除所または販売店等と相談することが望ましいです。

安全使用上の注意

①体調のすぐれない時は散布しないでください。
②眼に入らないように注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください(刺激性)。
③散布中や散布当日は散布区域に小児やペットが立ち入らないように配慮してください。
④使用後の空容器は3回以上洗浄してから【200gボトル入】、空袋は良くたたいて中身を完全に出してから処理してください。
⑤間引き菜、つまみ菜に使用しないでください。
⑥ミツバチ及び蚕に影響がありますので注意して使用してください。

治療法:硫酸アトロピン製剤及びPAM製剤の投与が有効です(動物実験で報告)。

魚毒性:通常の使用方法では問題ありません。

使用に際しては必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従ってお使いください。

家庭園芸用GFオルトラン粒剤をご紹介しています。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。