殺虫剤野菜・果樹・花の害虫に

ベニカ水溶剤

ベニカ水溶剤をご紹介しています。
ベニカ水溶剤の特長や使用方法、安全使用上の注意点についてご案内しています。

  • 草花
  • 観葉
  • 花木
  • 庭木
  • 野菜
  • ハーブ
  • 果樹
  • 芝生

野菜・果樹・花の害虫に

容量(0.5g×10)
JANコード4975292602552
オンラインショップで購入
殺虫成分の作用性 速効性 持続性
殺菌成分の作用性 予防効果 治療効果
有効成分クロチアニジン
薬剤登録農林水産省登録第21501号
性状青緑色水溶性細粒
剤型水溶剤

シュリンクフィルム内装。

商品特長

  • 野菜・果樹・花など幅広い植物に使用できます。野菜のトマト、きゅうり、なすをはじめ、果樹では、うめ、かき、かんきつ、ブルーベリーまで幅広く使えます。
  • 有効成分が葉や茎から吸収されて植物体内にゆきわたり、殺虫効果が持続する(アブラムシで約1カ月)すぐれた浸透移行性殺虫剤です。また、有効成分は葉の表から裏に移行しますので葉裏に隠れている害虫など直接殺虫剤がかかりにくいところにいる害虫も効果的に退治します。
  • 植物の汁を吸う害虫(アブラムシ、コナジラミ、カイガラムシ、カメムシ等)はもとより、葉を食害する害虫(ケムシ等)や甲虫類(カミキリムシ、コガネムシ等)にも優れた防除効果を現します。
  • 新しい作用性をもつ成分が、従来の薬剤に抵抗性を持った害虫にも高い効果を発揮します。
  • 顆粒水溶剤のため、粉立ちが少なく水に溶けやすく扱いやすいです。

使用方法

水でうすめて散布

適用害虫と使用方法

※ 印は収穫物への残留回避のため、本剤及びその有効成分を含む農薬の総使用回数の制限を示します。

作物名 適用病害虫名 希釈倍数 使用液量 使用時期 総使用回数※ 使用方法
トマト、ミニトマト アブラムシ類、コナジラミ類 2,000~4,000倍 100~
300ml/㎡
収穫前日まで 本剤:3回以内、クロチアニジン:4回以内(育苗期の株元処理及び定植時の土壌混和は合計1回以内、散布及び定植後の株元散布は合計3回以内) 散布
ハモグリバエ類 2,000倍
なす カメムシ類
アブラムシ類、コナジラミ類、マメハモゲリバエ、ミナミキイロアザミウマ、ハモグリバエ類、テントウムシダマシ類 2,000~4,000倍 

 

きゅうり アブラムシ類、コナジラミ類、ミナミキイロアザミウマ、カメムシ類
メロン

コナジラミ類、ミナミキイロアザミウマ、ハモグリバエ類、ウリハムシ

アブラムシ類  4,000倍
ピーマン アブラムシ類、コナジラミ類 2,000~4,000倍 収穫前日まで 本剤:2回以内、クロチアニジン:3回以内(定植時までの処理は1回以内、散布及び定植後の株元散布は合計2回以内)
ミナミキイロアザミウマ 2,000倍
とうがらし類 アブラムシ類、コナジラミ類 2,000~4,000倍 収穫前日まで 3回以内
ミナミキイロアザミウマ 2,000倍
すいか アブラムシ類、ウリハムシ 2,000~4,000倍 本剤:3回以内、クロチアニジン:4回以内(定植時の土壌混和は1回以内、散布は3回以内)
ミナミキイロアザミウマ 2,000倍
かぼちゃ カボチャミバエ
アブラムシ類 2,000~4,000倍 収穫3日前まで
にがうり ミナミキイロアザミウマ、アブラムシ類 収穫前日まで
食用へちま アブラムシ類 2,000倍

本剤:3回以内、クロチアニジン:4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)

とうがん ミナミキイロアザミウマ 収穫3日前まで
未成熟とうもろこし アブラムシ類、アカスジカスミカメ 2,000~4,000倍 3回以内
オクラ アブラムシ類 収穫前日まで
アスパラガス アブラムシ類
ネギアザミウマ
ジュウシホシクビナがハムシ
カメムシ類
ねぎ ネギアザミウマ、ネギハモゲリバェ 収穫3日前まで 本剤:4回以内、クロチアニジン:4回以内(定植時までの処理は1回以内)
わけぎ、あさつき 4回以内
にら ネギアザミウマ、アブラムシ類 3回以内
にら(花茎) 4,000倍 収穫前日まで
キャベツ アブラムシ類、アザミウマ類 2,000~4,000倍 収穫3日前まで 本剤:2回以内、クロチアニジン:3回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は2回以内)
アオムシ、コナガ 2,000倍
はくさい
アブラムシ類 2,000~4,000倍
こまつな アブラムシ類 2,000~4,000倍 本剤:3回以内、クロチアニジン:4回以内(は種時の土壌混和は1回以内、散布は3回以内)
チンゲンサイ アブラムシ類 収穫7日前まで 本剤:3回以内、クロチアニジン:4回以内(は種時及び定植時の土壌混和は合計1回以内、散布は3回以内)
ハモグリバエ類 2,000倍
非結球あぶらな科葉菜類(こまつな、チンゲンサイを除く) アブラムシ類 2,000~4,000倍 3回以内
ブロッコリー アオムシ、コナガ 2,000倍 収穫3日前まで 本剤:3回以内、クロチアニジン:4回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は3回以内)
アブラムシ類 2,000~
4,000倍
はなっこり- 2,000倍 収穫前日まで 本剤:2回以内、クロチアニジン:3回以内(定植時の土壌混和は1回以内、散布は2回以内)
しゅんぎく 2,000~4,000倍 収穫3日前まで 本剤:3回以内、クロチアニジン:4回以内(は種時の土壌混和は1回以内、散布は3回以内)
ほうれんそう 4,000倍 収穫前日まで 本剤:3回以内、クロチアニジン:4回以内(は種時の土壌混和は1回以内、散布は3回以内)
みつば 2,000~4,000倍 収穫3日前まで 3回以内
パセリ 4,000倍 収穫14日前まで 1回
セルリー 2,000~4,000倍 収穫3日前まで 本剤:3回以内、クロチアニジン:4回以内(定植時の土壌混和は1回以内、散布は3回以内)
ハモグリバエ類 2,000倍
レタス アブラムシ類 2,000~4,000倍

本剤:2回以内、クロチアニジン:3回以内(定植時までの処理は1回以内、定植後の散布は2回以内)

アザミウマ類
ナモゲリバエ

2,000倍
非結球レタス アブラムシ類 2,000~4,000倍 本剤:2回以内、クロチアニジン:3回以内(育苗期の株元処理は1回以内、散布は2回以内)
ナモゲリバエ 2,000倍
だいこん アブラムシ類 2,000~4,000倍 収穫7日前まで 本剤:2回以内、クロチアニジン:3回以内(は種時の土壌混和は1回以内、は種後は2回以内)
かぶ 収穫3日前まで 本剤:3回以内、クロチアニジン:4回以内(は種時の土壌混和は1回以内、散布は3回以内)
ばれいしょ 4,000倍 収穫7日前まで 本剤:3回以内、クロチアニジン:4回以内(植付時の土壌混和は1回以内、植付後は3回以内)
テントウムシダマシ類 2,000~4,000倍 収穫7日前まで 本剤:3回以内、クロチアニジン:4回以内(植付時の土壌混和は1回以内、植付後は3回以内)
えだまめ アブラムシ類、カメムシ類、フタスジヒメハムシ 収穫3日前まで 3回以内
豆類(未成熟、ただし、えだまめを除く) アブラムシ類
だいず マメシンクイガ 2,000倍 収穫7日前まで 本剤:3回以内、クロチアニジン:4回以内(は種時の土壌混和は1回以内、散布は3回以内)
アブラムシ類、カメムシ類、フタスジヒメハムシ 2,000~4,000倍
いんげんまめ アブラムシ類 2,000~4,000倍 3回以内
インゲンマメゾウムシ 2,000倍
豆類(種実、ただし、らっかせい、だいず、あずき、いんげんまめを除く) アブラムシ類 2,000~4,000倍
あずき マメホソクチゾウムシ 4,000倍
みょうが(花穂) ナスコナカイガラムシ 2,000倍 収穫前日まで ★1
みょうが(茎葉) みょうが
 (花穂)の収穫前日まで但し、花穂を収穫しない場合にあっては開花期終了まで
散布
かんきつ アブラムシ類、ミカンハモゲリガ、アザミウマ類、ケシキスイ類、コアオハナムゲリ、ツノロウムシ、コナカイガラムシ類、アカマルカイガラムシ、ナシマルカイガラムシ、ゴマダラカミキリ、カメムシ類、アゲハ類、ミカンバエ、コナジラミ類、ミカンキジラミ 2,000~4,000倍 200~700ml/㎡ 収穫前日まで 本剤:3回以内、クロチアニジン:6回以内(樹幹散布は3回以内、散布は3回以内)
カネタタキ 2,000倍
ゴマダラカミキリ、ミカンハモグリガ 20倍 100ml/樹 収穫150日前まで 樹幹散布
ミカンキジラミ 40倍 200ml/樹
かんきつ(苗木) アブラムシ類、ミカンハモグリガ、ゴマダラカミキリ、アゲハ類 20倍 10~100ml/樹 春芽・夏芽又は秋芽の発生前 3回以内
かき アザミウマ類、コナカイガラムシ類、カキノヘタムシガ、カメムシ類、カキノヒメヨコバイ 2,000~4,000倍 200~700ml/㎡ 収穫7日前まで 散布
ぶどう カメムシ類、コナカイガラムシ類、チャノキイロアザミウマ、フタテンヒメヨコバイ、コガネムシ類、ブドウトラカミキリ 収穫前日まで
うめ ケシキスイ類 2,000倍
アブラムシ類、カメムシ類、ケムシ類 2,000~4,000倍
もも アブラムシ類、カメムシ類、モモハモグリガ、シンクイムシ類 2,000~4,000倍 収穫7日前まで
コガネムシ類 2,000倍
すもも カメムシ類 2,000~4,000倍 収穫3日前まで
アブラムシ類 4,000倍
ネクタリン アブラムシ類、カメムシ類、モモハモグリガ、シンクイムシ類 2,000~4,000倍
コガネムシ類 2,000倍
あんず アブラムシ類 4,000倍
おうとう オウトウショウジョウバエ、カメムシ類 2,000倍 収穫前日まで 2回以内
オリーブ オリーブアナアキゾウムシ、マエアカスシノメイガ 2,000~4,000倍
カメムシ類 2,000倍
オリーブ(葉) オリーブアナアキゾウムシ、マエアカスシノメイガ 4,000倍
いちじく アザミウマ類  2,000~4,000倍 収穫3日前まで 3回以内
カミキリムシ類 2,000倍
びわ
アブラムシ類、カメムシ類、カイガラムシ類  2,000~4,000倍 収穫前日まで
キウイフルーツ カメムシ類、キウイヒメヨコバイ

アオバハゴロモ

2,000倍
ブルーベリー

アブラムシ類、ケムシ類、オウトウショウジョウバエ

 2,000~4,000倍 収穫45日前まで 
りんご アブラムシ類、ケムシ類、カメムシ類、コナカイガラムシ類、シンクイムシ類、キンモンホソガ、ギンモンハモグリガ、リンゴワタムシ 収穫前日まで
なし アブラムシ類、ケムシ類、カメムシ類、コナカイガラムシ類、シンクイムシ類、チュウゴクナシキジラミ
パパイヤ ナガカタカイガラムシ、ヒラタカタカイガラムシ 2,000倍 収穫3日前まで
マンゴー アザミウマ類、コナカイガラムシ類 2,000~4,000倍 収穫7日前まで
パイナップル(苗木) パイナップルコナカイガラムシ 2,000倍 - 植付前 1回 10秒間苗浸漬
さんしょう(果実) アザミウマ類 4,000倍 200~700ml/㎡ 収穫前日まで 2回以内 散布
ばら アブラムシ類、ミカンキイロアザミウマ 2,000~4,000倍 100~300ml/㎡ 発生初期 4回以内
コガネムシ類 2,000倍 1L/㎡ 生育期株元潅注
きく アブラムシ類、カメムシ類、ハモグリバエ類 2,000~4,000倍 100~300ml/㎡ 散布
アブラムシ類、アザミウマ類、ナモゲリバエ 4,000倍 1L/㎡ 生育期株元潅注
アザミウマ類 2,000倍 100~300ml/㎡ 散布

花き類・観葉植物(ばら、きくを除く)

アブラムシ類、アザミウマ類 2,000~4,000倍 100~300ml/㎡
つつじ類 ツツジグンバイ 6回以内
げっきつ ミカンキジラミ 40倍 200ml/樹 生育期 樹幹散布
たであい アブラムシ類 2,000倍 100~300ml/㎡ 発生初期 4回以内 散布
チャトゲコナジラミ、マダラカサハラハムシ 2,000倍 200~400ml/㎡ 摘採7日前まで 1回
チャノキイロアザミウマ、チャノミドリヒメヨコバイ、チャノホソガ 2,000~4,000倍
コミカンアブラムシ 4,000倍

★1散布、但し花穂の発生期にはマルチフィルム被覆により散布液が直接花穂に飛散しない状態で使用する

  • 2014年6月25日付:キャベツ、ピーマン、アスパラガス、ねぎ、かんきつ、かんきつ(苗木)、だいずの変更。パイナップル(苗木)、たであいの追加
  • 2015年1月21日付:にがうり、ブロッコリーの変更
  • 2015年4月8日付:いちじく、ばらの変更。びわ、さんしょう(果実)の追加
  • 2015年5月19日付:未成熟とうもろこし、かぶ、はくさい、非結球あぶらな科葉 菜類(こまつな、チンゲンサイを除く)、こまつな、チンゲンサイ、はなっこりー、 とうがらし類、豆類(未成熟、ただし、えだまめを除く)、しゅんぎく、にら(花茎) 、ほうれんそう、わけぎ、あさつき、セルリー、パセリ、みつば、キウイフルーツ の追加。かんきつ(苗木)、なし、ぶどう、うめ、ブルーベリー、きく、茶、つつじ 類、げっきつの変更
  • 2017年12月20日付:とうがん、食用へちま、レタスの変更
  • 2018年9月26日付:未成熟とうもろこし、キャベツ、かぼちゃ、きゅうり、すいか、にがうり、なす、オリーブ(葉)、びわ、ブルーベリー、オリーブ、かき、キウイフルーツ、花き類・観葉植物(ばら、きくを除く)の変更。あずきの追加。

効果・薬害等の注意

・ 散布量は対象作物の生育段階、栽培形態及び散布方法に合わせ調節してください。
・ ぶどうに使用する場合、袋かけ前までの幼果期に散布すると品種によっては果粉が溶脱する恐れがあるので注意してください。
・ かんきつに樹幹散布で使用する場合は、樹幹部から地際部に十分量を散布または塗布してください。また、散布液が葉にかかると薬害を生ずる恐れがありますので、葉にかからないように十分に注意してください。
・ 使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所または販売店等と相談することが望ましいです。
・ 適用作物群に属する作物またはその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、病害虫防除所または販売店と相談することが望ましいです。

安全使用上の注意

・ 体調のすぐれない時は薬剤散布を行わないでください。
・ 本剤は眼に対して刺激性がありますので眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください。使用後は洗眼してください。
・ 街路、公園等で使用する場合は、使用中及び使用後(少なくとも使用当日)に小児や使用に関係のない者が使用区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。
・ 蚕に対して影響がありますので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
・ ミツバチに対して影響がありますので、以下のことに注意してください。
 ① ミツバチの巣箱及びその周辺にかからないようにしてください。
 ② 受粉促進を目的としてミツバチ等を放飼中の施設や果樹園等では使用をさけてください。 
 ③ 関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体等)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めてください。
・ マルハナバチに影響を及ぼすおそれがありますので注意してください。

関連資料

使用に際しては必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従ってお使いください。

ベニカ水溶剤をご紹介しています。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。