殺虫剤花や庭木類の害虫退治に

家庭園芸用スミチオン乳剤

家庭園芸用スミチオン乳剤をご紹介しています。
家庭園芸用スミチオン乳剤の特長や使用方法、安全使用上の注意点についてご案内しています。

  • 草花
  • 観葉
  • 花木
  • 庭木
  • 野菜
  • ハーブ
  • 果樹
  • 芝生

花や庭木類の害虫退治に

容量100ml
JANコード4975292030621
オンラインショップで購入
有効成分MEP
薬剤登録農林水産省登録第21939号
性状褐色澄明可乳化油状液体
剤型乳剤

商品特長

  • 草花・庭木・野菜や果樹などを加害する広範囲の害虫に効果のある代表的な園芸用殺虫剤です。

使用方法

水でうすめて散布

適用害虫と使用方法

※印は収穫物への残留回避のため、その日まで使用できる収穫前の日数と本剤及び MEP を含む農薬の総使用回数の制限を示します。

作物名 適用害虫名 希釈倍数(倍) 使用液量 使用時期※ 総使用回数※

使用方法

樹木類 アブラムシ類、グンバイムシ類、フラーバラゾウムシ 1,000 200~700ml/㎡ - 6回以内 散布

 

アメリカシロヒトリ 500~1,000
花き類・観葉植物 アオムシ、バッタ類、ハマキムシ類、アザミウマ類 1,000 100~300ml/㎡
ばら アブラムシ類、フラーバラゾウムシ
き< アブラムシ類、カメムシ類、ヨトウムシ類、フラーバラゾウムシ
つつじ類 グンバイムシ類、ハマキムシ類 200~700ml/㎡
カーネーション アザミウマ類、クロウリハムシ 100~300ml/㎡
宿根かすみそう ハモグリバエ類
アスター ウリハムシ
ソリダゴ カメムシ類
スターチス コガネムシ類
シネラリア シンクイムシ類
斑入りアマドコロ コウモリガ
ききょう ヨトウムシ
りんどう ヒラズハナアザミウマ 発生初期
せんりょう アザミウマ類、カメムシ類 200~700ml/㎡ -
こでまり カイガラムシ類
しきみ クスアナアキゾウムシ
にしきぎ ケムシ類
しゃりんばい
だいおうしょう
シンクイムシ類
さかき ハマキムシ類
さんごじゅ ワタノメイガ
コガネムシ類幼虫 1㎡当り3ℓ 発生初期
シバツトガ、スジキリヨトウ 1㎡当り
0.3~2ℓ
シバオサゾウムシ 1㎡当り3ℓ 幼虫発生期
トマト アブラムシ類、オオニジュウヤホシテントウ 2,000 100~300ml/㎡ 収穫
開始
14日前
まで
2回以内
なす アブラムシ類、テントウムシダマシ類 1,000

収穫
3日前
まで

5回以内
ばれいしょ 6回以内
きゅうり、メロン、しろうり アブラムシ類、アザミウマ類

収穫
前日
まで

5回以内
すいか 収穫
3日前
まで
6回以内
かぼちゃ 収穫
14日
前まで
3回以内
たまねぎ 収穫
21日
前まで
2回以内
いちご
      (露地栽培)
アブラムシ類 2,000 収穫
21日
前まで
ほうれんそう 1,000
ホウレンソウケナガコナダニ 2,000
モロヘイヤ アブラムシ類、アザミウマ類、マメコガネ、カメムシ類 1,000 収穫
14日
前まで
ねぎ アブラムシ類、アザミウマ類、ネギコガ 収穫
21日
前まで
そらまめ アブラムシ類 収穫
3日
前まで
3回以内
未成熟そらまめ シロイチモジマダラメイガ、ダイズサヤタマバエ、カメムシ類、マメヒメサヤムシガ、アブラムシ類、マメシンクイガ
豆類(未成熟、ただし、未成熟そらまめを除<) 収穫
21日
前まで
4回以内
えんどうまめ シロイチモジマダラメイガ、ダイズサヤタマバエ、カメムシ類、マメヒメサヤムシガ、アブラムシ類、マメシンクイガ 収穫
21日
前まで
豆類(種実、ただし、えんどうまめ、そらまめ、だいずを除く) 収穫
30日
前まで
だいず シロイチモジマダラメイガ、ダイズサヤタマバエ、カメムシ類、マメヒメサヤムシガ、ウコンノメイガ、アメハンミョウ、アブラムシ類、アメシンクイガ  収穫
21日
前まで
あずき アブラムシ類、カメムシ類
とうもろこし アワノメイガ、カメムシ類 100~300ml/㎡ 収穫
7日
前まで
かんしょ イモコガ、アブラムシ類、ヨツモンカメノコハムシ 5回以内
ごぼう アブラムシ類、フキノメイガ

収穫
14日
前まで

2回以内

 

らっきょう アザミウマ類

収穫

7日

前まで

本剤:2回以内

MEP:3回以内(植付前は1回以内、植付後は2回以内)

ネダニ類 植付前

本剤:1回

MEP:3回以内(植付前は1回以内、植付後は2回以内)

30分間種球浸漬

かき カキノヘタムシガ、カキホソガ、アメリカシロヒトリ、フジコナカイガラムシ、オオワタコナカイガラムシ、カメムシ類、イラガ類、ミノガ類若令幼虫 200~700ml/㎡  収穫
45日
前まで

本剤:3回以内
MEP:3回以内
(樹幹処理は2回以内)

 

 散布              
うめ アブラムシ類、アメリカシロヒトリ、ハマキムシ類 収穫
14日
前まで
2回以内
おうとう アブラムシ類 1,000~2,000 収穫
21日
前まで
本剤:2回以内
MEP:2回以内
(樹幹処理及び灌注処理は合計1回以内)
大粒種ぶどう アブラムシ類、ブドウスカシバ、ブドウトリバ 1,000~2,000 収穫
30日
前まで
本剤:2回以内
MEP: 4回以内(収穫終了後から萌芽までは2回以内、萌芽後は2回以内)
ハマキムシ類、ブドウトラカミキリ、キンケクチブトゾウムシ成虫 1,000
小粒種ぶどう アブラムシ類、ブドウスカシバ、ブドウトリバ

1,000~2,000

収穫
90日
前まで

ハマキムシ類、ブドウトラカミキリ、キンケクチブトゾウムシ成虫 1,000
みかん アブラムシ類 1,000~2,000 収穫
14日
前まで
本剤:5回以内
MEP:5回以内
(樹幹処理は1回以内)
ハマキムシ類、サンホーゼカイガラムシ、カメムシ類、コアオハナムグリ 1,000
なつみかん アブラムシ類 1,000~1,000 収穫
21日
前まで
本剤:3回以内
MEP:3回以内
(樹幹処理は1回以内)
ハマキムシ類、サンホーゼカイガラムシ、カメムシ類、コアオハナムグリ 1,000
もも アブラムシ類、モモハモグリガ、モモシンクイガ、ナシヒメシンクイ、クワシロカイガラムシ、カメムシ類 収穫
3日
前まで
本剤:6回以内
MEP:6回以内(樹幹処理は1回以内)
りんご アブラムシ類、モモシンクイガ、ナシヒメシンクイ、ハマキムシ類、ナシグンバイ 収穫
30日
前まで
3回以内
なし
(無袋栽培)
アブラムシ類、ナシグンバイ、ナシホソガ、ナシチビガ 収穫
21日
前まで
6回以内
クワコナカイガラムシ 1,500
オリーブ オリーブアナアキゾウムシ 50 0.3~3L/樹  3回以内  樹幹散布
オリーブ(葉) 収穫
120日
前まで
うど アブラムシ類、ヨトウムシ、センノカミキリ、ヒメシロコブゾウムシ、ウドノメイガ 1,000 100~300ml/㎡  根株
養成期
但し、
収穫
150日
前まで
4回以内  散布
たらのき センノカミキリ幼虫、ヒメシロコブゾウムシ 100 150~ 300ml/㎡ 3~5月株養成期 2回以内  樹幹散布
クワゾウムシ成虫 500 100~300ml/㎡ 成虫発生期 6回以内  散布
イネシンガレセンチュウ 1,000 - は種前 本剤:1回
MEP:3回以内
(種もみへの処理は1回以内、育苗箱散布は1回以内、本田では2回以内)
 6~72時間浸漬
  • 2018年5月30日付:だいず、らっきょうの変更
  • 2016年8月24日付:オリーブ(葉)、ごぼう、らっきょう、桑、稲の追加
    大粒種ぶどう、りんご、なし(無袋栽培)、かき、もも、小粒種ぶどう、うど、モロヘイヤ、たらのき、樹木類、ばら、きく、豆類(種実、ただし、えんどうまめ、そらまめを除く)の変更
  • 2014年2月12日付:花き類・観葉植物、ほうれんそう、オリーブ、たらのきの変更
  • 2010年10月27日付:かんきつ他変更
  • 2008年11月19日付:未成熟そらまめ追加

効果・薬害等の注意

①ボルドー液との混用は散布直前に行い、できるだけ早く使用してください。その他のアルカリ性の強い農薬とは混用しないでください(分解)。
②あぶらな科作物にはかからないようにしてください(薬害)。
③桃の初期(5~6月)、ほうれんそうの幼苗期は薬害が出ることがある。梨の早生赤種、りんごの旭及びその近縁種、開花期の花き類への使用はさけてください(薬害)。ひのきに対しては個体によって落葉、枯損のおそれがあるのでかからないように注意。
④芝のコガネムシ類幼虫には、散布液が土壌中に十分しみ込むようジョロ等で1㎡当り3㍑散布してください。
⑤かきのミノガ類には若令幼虫期に散布してください(効果)。
⑥果樹のカメムシ類に対しては、発生に応じて所定使用回数以内で繰り返し散布してください。
⑦適用作物群に属する作物またはその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、普及指導センター、病害虫防除所または販売店等と相談することが望ましいです。

安全使用上の注意

①体調のすぐれない時は散布しないでください。 
②誤飲に注意してください。
③眼に入らないように注意してください。眼に入った場合は直ちに水洗し、眼科医の手当を受けてください(刺激性)。
④皮ふに付着しないよう注意してください。皮ふに付いた場合は直ちに石けんでよく洗い落としてください(刺激性)。
⑤かぶれやすい人は取扱に十分注意してください。
⑥散布時は、農薬用マスク、不浸透性手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼・うがいをして衣服を換えてください。作業時の衣服等は他と分けて洗濯してください。
⑦自動車、壁などの塗装面、大理石、御影石に散布液がかからないよう注意してください(塗装汚染・変色)。
⑧作業中や、散布当日は散布区域に小児やペットが立ち入らないよう配慮してください。風向きなどを考え周辺の人家、自動車、洗濯物、ペット、玩具などに散布液がかからないよう注意してください。
⑨街路、公園等で使用する場合は、散布中及び散布後(少なくても散布当日)に小児や散布に関係ない者が散布地域に立ち入らないよう縄囲いや立て札をたてるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。
⑩散布液が水槽、池、河川などに入らないよう注意してください。
⑪蚕に対して影響がありますので、給桑を予定している桑葉にはかからないようにしてください。
⑫ミツバチに対して影響がありますので、以下のことに注意してください。
・ミツバチの巣箱及びその周辺にかからないようにしてください。
・受粉目的としてミツバチ等を放飼中の施設や果樹園等では使用をさけてください。
・養蜂が行なわれている地区では周辺への飛散に注意する等、ミツバチの危害防止に努めてください。
⑬使用後の空容器は3回以上洗浄してから処理してください。

治療法:硫酸アトロピン製剤及びPAM製剤の投与が有効と報告されています。

魚毒性:河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用してください。使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきってください。散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないでください。また、空容器は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。水産動植物(甲殻類)に影響を及ぼすおそれがありますので、使用残液及び容器の洗浄水等は河川等に流さず適切に処理してください。

関連資料

使用に際しては必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従ってお使いください。

家庭園芸用スミチオン乳剤をご紹介しています。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。