をご紹介しています。
の特長や使用方法、安全使用上の注意点についてご案内しています。

商品特長

使用方法

そのまま散布

●元肥として使用する場合
植物を植える前にあらかじめ土に施します。
植え付け、植え替え、種まき時に適量を土に混ぜ込みます。
※肥料が直接根に触れても肥料焼けしません。

●追肥として使用する場合
植物を植えた後に生長に応じて施します。
秋冬期は3~4カ月、春夏期は2~3カ月間隔で、株元(芝生の場合は全面)に均一にばらまきます。

その他の植物の元肥・追肥にも使えます
コンテナ栽培の場合

用途 標準使用量
コンテナ・プランター類 6g/用土ℓ
標準プランター(65cm) 70g
4号 3g
5号 6g

地植え植物の場合

用途 標準使用量
草花(花壇) 200g/㎡
バラなどの花木類
庭木・果樹
野菜(菜園)
球根(花壇) 100g/㎡
芝生・グランドカバー 40g/㎡
ハーブ類 70g/㎡

●ティースプーン1杯で約2g、山盛り1杯で約3gです。
●料理用計量スプーン小さじ(5cc)1杯で約5g です。
●上記使用量を目安に植物の生育にあわせて加減してください。
●生長期に液体肥料(花工場シリーズ)を併せて与えるとさらに効果的です。

計量の目安

ひとにぎリ 男性 約40g
女性 約25g

※肥料成分の腐植酸が手につきますと黒くなりますので、気になる方は手袋を着用してください。

対象作物

使用に際しては必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従ってお使いください。


eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。