をご紹介しています。
の特長や使用方法、安全使用上の注意点についてご案内しています。

商品特長

使用方法

そのまま散布

対象作物

適用雑草と使用方法

※印は本剤及びそれぞれの有効成分を含む農薬を年間に同一場所に使用できる総使用回数の制限を示します。



適用場所 適用雑草名 使用時期 使用量 総使用回数※ 使用方法


駐車場、
宅地、運
動場、道
路、公園、
庭園、堤
とう、鉄
道等
一年生雑草 雑草生育期
(草丈30cm以下)
10~20kg/10a
(10~20g/㎡)
本剤:2回以内
グルホシネート:3回以内
メトリブジン:2回以内
DCMU:3回以内
植栽地を除く樹木等の周辺地に雑草茎葉散布
多年生広葉
雑草
スギナ
20~30kg/10a
(20~30g/㎡)

1容量で散布できる面積

適用雑草名 400g 900g
一年生雑草 20~40㎡
(約6.1~12.1坪)
45~90m2
(約13.7~2 7.2坪)
多年生広葉雑草、
スギナ
13.4~20㎡
(約4.1~6.1坪)
30~45㎡
(約9.1~13.6坪)
枯れ始めるまでの日数 2~7日
効果持続の目安 2~3ヵ月

効果・薬害等の注意

●雑草が大きくなりすぎると効果が劣るので、雑草の草丈が30cm 以下の生育期に散布してください。
●セイタカアワダチソウ、イタドリ等大型多年生広葉雑草には効果が劣るので、これら雑草の優占する所では使用しないでください。
●雑草の茎葉が湿った状態で使用してください。
●作物の茎葉にかからないよう十分注意して散布してください(薬害)。
●樹木等の周辺では樹冠下より1m以上離して使用しいてください。
●強風時の散布は薬剤が飛散して、周囲の植物に薬害を生ずるおそれがあるので、避けるてください。
●散布後の多量の降雨は効果にむらを生じたり、有用植物に薬害を生ずるおそれがあるので、天候を見極めてから散布してください。
●水田に流入すると、稲が枯れるので十分注意してください。
●植栽または播種予定地、ハウス等の施設及びその周辺、急な傾斜地では使用しないでください。
●使用にあたっては使用量、使用時期、使用方法などを誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は、病害虫防除所または販売店等と相談することが望ましいです。

安全使用上の注意

●体調のすぐれない時は散布しないでください。
●誤食に注意してください。誤って飲み込んだ場合は吐き出させ、直ちに医師の手当てを受けさせてください。
●眼に入らないよう注意してください。眼に入った場合は直ちに水洗し、眼科医の手当てを受けてください(刺激性)。
●かぶれやすい人は取扱いに十分注意してください。 
●散布時は、農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼・うがいをするとともに衣服を換えてください。作業時に着用していた衣服などは他と分けて洗濯してください。
●公園、堤とう等で使用する場合は、散布中及び散布後(少なくとも散布当日)に小児や散布に関係のない者が散布区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。
●自動車、カラートタン、壁、ペット、洗濯物、玩具などにかからないよう注意してください。
●蚕に対して影響がありますので、周辺の桑葉にはかからないようにしてください。
●使用量に合わせ秤量し、使いきってください。散布に使用した容器の洗浄水は河川等に流さず、容器等は環境に影響を与えないよう 3 回以上洗浄してから適切に処理してください。
●水源池、養殖池等に飛散・流入しないよう十分注意してください。
●使用残りの薬剤は必ず安全な場所に保管してください。

使用に際しては必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従ってお使いください。


eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。