殺菌剤花・樹木と野菜・果樹の病気に

GFベンレート水和剤

GFベンレート水和剤をご紹介しています。
GFベンレート水和剤の特長や使用方法、安全使用上の注意点についてご案内しています。

  • 草花
  • 観葉
  • 花木
  • 庭木
  • 野菜
  • ハーブ
  • 果樹
  • 芝生

花・樹木と野菜・果樹の病気に

容量(0.5g×10)
JANコード4975292050117
オンラインショップで購入

ばらの病気に予防と治療!

容量(2g×6)
JANコード4975292602668
オンラインショップで購入
殺虫成分の作用性 速効性 持続性
殺菌成分の作用性 予防効果 治療効果
有効成分ベノミル
薬剤登録農林水産省登録第23180号
性状類白色水和性粉末45μm以下
剤型水和剤

シュリンクフィルム内装。

商品特長

  • ばらの黒星病、うどんこ病に優れた効果があります。浸透移行作用により病原菌の侵入を防ぐ予防効果と、侵入した病原菌を退治する治療効果を兼ね備え、病原菌の細胞分裂を阻害して防除します。特に黒星病には早春の萌芽前から散布することで防除効果が高まります。

使用方法

水でうすめて散布

適用病害と使用方法

※印は収穫物への残留回避のため、本剤及びベノミルを含む農薬の総使用回数の制限を示します。

作物名 適用病害名 希釈倍数 使用液量 使用時期 本剤の使用回数※ 使用方法 ベノミルを含む農薬の総使用回数※
樹木類 ごま色斑点病、炭そ病、
輪紋葉枯病
2000倍 200~700L/10a 発病初期

 -

散布  
いぬつげ 枝枯病 6回以内
ばら うどんこ病 2000~3000倍 100~300L/10a - 6回以内
黒星病
きく 白さび病 1000倍
褐斑病
黒斑病
2000~3000倍
りんどう 花腐菌核病 3000倍 100~300L/10a
パンジー 根腐病 2000倍 セルトレイ(60×30cm)
1冊当り500mL
育苗期 2回以内 灌注 2回以内
ゼラニウム 黒根病
チューリップ 球根腐敗病 100~500倍 - 植付前又は貯蔵前 2回以内 15~30分間球根浸漬 2回以内
球根重量の0.1~0.2% 球根粉衣
20倍 植付前 瞬間浸漬
シクラメン 萎ちよう病 500~1000倍 50~100mL/鉢 - 3回以内 灌注 3回以内
しゃくやく
ぼたん
根黒斑病 20倍 - 植付前 2回以内 10分間苗基部浸漬 2回以内
500倍 16時間苗基部浸漬
野菜類、
豆類(種実)、
とうもろこし
フザリウム菌による病害 乾燥種子重量の0.16% - は種前 1回 種子処理機による種子粉衣 1回
うり類(漬物用) 炭そ病 1000倍 150~300mL/株 定植前~収穫45日前まで 2回以内 灌注 3回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は2回以内)
きゅうり 菌核病、灰色かび病、
炭そ病、黒星病、つる枯病
2000~3000倍 100~300L/10a 収穫前日まで 3回以内 散布 4回以内(種子への処理は1回以内、は種後は3回以内)
つる割病 1000倍 150~300mL/株 定植前~定植1か月後 灌注
トマト、ミニトマト 萎ちよう病 1000倍 150~300mL/株 定植前~定植1か月後 2回以内 6回以内(種子への処理は1回以内、灌注は2回以内、散布は3回以内)
菌核病 2000倍 100~300L/10a 収穫前日まで 3回以内 散布
葉かび病、灰色かび病 2000~3000倍
なす 黒枯病、
灰色かび病
2000~3000倍 100~300L/10a 収穫前日まで 3回以内 4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)
菌核病、褐紋病 2000倍
半身萎ちょう病 500倍 200~300mL/株 定植後~収穫14日前まで 土壌灌注
1000倍 400~600mL/株
甘長とうがらし 炭そ病 2000倍 100~300L/10a 収穫前日まで 散布
レタス 菌核病、灰色かび病、
すそ枯病
2000~3000倍 収穫14日前まで 4回以内 5回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は4回以内)
すいか つる枯病、菌核病、
炭そ病
収穫前日まで 5回以内 6回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は5回以内)
メロン 菌核病 100~300L/10a 3回以内 4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内)
はくさい 白斑病、菌核病 2000~3000倍 100~300L/10a 収穫7日前まで 2回以内 3回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は2回以内)
キャベツ 菌核病、根朽病 2000倍 6回以内 7回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は6回以内)
アスパラガス 茎枯病、株腐病 収穫前日まで 4回以内 5回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は4回以内)
ほうれんそう 萎ちょう病 2000倍 3L/㎡ 収穫21日前まで 2回以内 灌注 3回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は2回以内)
パセリ 立枯病 1000倍 3L/㎡ 収穫45日前まで 2回以内
みずな 炭そ病、白斑病 4000倍 100~300L/10a 収穫14日前まで 1回 散布 2回以内(種子粉衣は1回以内、散布は1回以内)
チンゲンサイ 収穫7日前まで
非結球あぶらな科葉菜類(みずな、チンゲンサイを除く) 収穫21日前まで
いちご 炭そ病 500倍 - 仮植前 1回 10~30分間苗根部浸漬 4回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は3回以内(苗根部浸漬は1回以内、本圃定植後は1回以内))
100mL/株 本圃定植後但し収穫30日前まで 灌注
50~100mL/株 育苗期 3回以内
萎黄病
- 仮植前 1回 1~3時間苗根部浸漬
100ml/株 本圃定植後但し収穫30日前まで 灌注
しょうが いもち病 1000倍 100~300L/10a 収穫21日前まで 2回以内 散布 2回以内
ばれいしょ 黒あざ病 種いも重の0.3~0.4% - 植付前 1回 種いも粉衣 1回
かんしょ つる割病 500~1000倍 20~40ml/株 挿苗時 1回 株元灌注 1回
つる割病、黒斑病 500~1000倍 - 植付前 20~30分間苗基部浸漬
黒斑病 種いも重の0.4% - 種いも粉衣
さといも(葉柄) 乾腐病 種いも重の0.5% - 催芽前 1回 種いも粉衣 1回
たまねぎ 乾腐病 50倍 セル成型育苗トレイ1箱またはペーパーポケ ット1冊
(30×60㎝、使用土壌約 5L)当り 500mL~1L
定植前 1回 灌注 8回以内(種子粉衣は1回以内、育苗培土混和、灌注または苗根部浸漬は合計1回以内、散布は6回以内)
乾腐病 100倍 セル成型育苗トレイ1箱またはペーパーポ ット1冊
(30×60㎝、使用土壌約 5L)当り 500mlL
定植前 1回 灌注
1g/1kg 培土 - は種前 1回 育苗培土混和
20倍 - 移植直前 3分間苗根部浸漬
灰色腐敗病 2000~3000倍 100~300L/10a 収穫前日まで 6回以内 散布
灰色かび病 2000倍 100~300L/10a 収穫前日まで
らっきょう 乾腐病 500倍 - 植付直前 1回 30分間種球浸漬 1回
ねぎ 萎ちょう病 100~200倍 - 定植直前 1回 5分間苗根部浸漬 3回以内(種子粉衣は1回以内、苗根部浸漬及び灌注は合計1回以内、散布は1回以内)
500倍 - 30分間苗根部浸漬
小菌核腐敗病 100~200倍 - 5分間苗根部浸漬
500倍 - 30分間苗根部浸漬
1000~2000倍 100~300L/10a 収穫30日前まで 1回 散布 3回以内(種子粉衣は1回以内、苗根部浸漬及び灌注は合計1回以内、散布は回以内)
500倍 セル成型育苗トレイ
1箱またはペーパーポット1冊(30×60cm、使用土壌約5L)当り
500mL
定植前 合計1回 灌注
わけぎ 萎ちよう病 500倍 - 植付前 1回 30分間種球浸漬 1回
みょうが(花穂) いもち病 2000倍 100~300L/10a 収穫3日前まで 3回以内 散布、但し花穂の発生期にはマルチフィルム被覆により散布液が直接花穂に飛散しない状態で使用する 3回以内
みょうが(茎葉) みょうが(花穂)の収穫3日前まで但し、花穂を収穫しない場合にあっては開花期終了まで 散布
しそ(花穂) 菌核病 2000倍 100~300L/10a 収穫21日前まで 2回以内 散布 3回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は2回以内)
ピタヤ 炭腐症 200~700L/10a 収穫14日前まで 2回以内
せんきゅう 黒色根腐病 160倍 - 植付前 1回 30分間種球浸漬 1回
みつば 菌核病 種子重量の0.5% - は種前 1回 種子粉衣 1回
500倍 - 24時間種子浸漬
なたね 菌核病 1000~2000倍 100~300L/10a 収穫3日前まで 2回以内 散布 2回以内
ふき 葉枯病 2000倍 100~300L/10a 収穫7日前まで 2回以内 散布 2回以内
つるむらさき 紫斑病 収穫14日前まで 3回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は2回以内)
えだまめ 菌核病、紫斑病 2000倍 100~300L/10a 収穫30日前まで 3回以内 散布 6回以内(種子粉衣は1回以内、濯注は2回以内、散布は3回以内)
立枯病 1000倍 3L/㎡ 発芽14日後まで 2回以内 灌注
さやいんげん 菌核病 2000倍 100~300L/10a 収穫開始14日前まで 3回以内 散布
立枯病 1000倍 3L/㎡ 発芽14日後まで 2回以内 灌注
さやえんどう 菌核病 2000倍 100~300L/10a 収穫前日まで 3回以内 散布
立枯病 1000倍 3L/㎡ 発芽14日後まで 2回以内 灌注
豆類(未成熟、ただし、えだまめ、さやいんげん、さやえんどうを除く) 菌核病 2000倍 100~300L/10a 収穫30日前まで 3回以内 散布
立枯病 1000倍 3L/㎡ 発芽14日後まで 2回以内 灌注
いんげんまめ 菌核病 1000~2000倍 100~300L/10a 収穫7日前まで 4回以内 散布 5回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は4回以内)
角斑病 1000~1500倍
えんどうまめ

菌核病、
褐紋病

1000~2000倍 100~300L/10a 収穫14日前まで 4回以内 散布
だいず 菌核病、
紫斑病
1000~2000倍 100~300L/10a 収穫前日まで
黒根腐病 乾燥種子重量の0.5% - は種前 1回 種子粉衣 5回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は4回以内)
らっかせい そうか病、茎腐病 2000倍 100~300L/10a 収穫7日前まで 4回以内 散布 5回以内(種子粉衣は1回以内、は種後は4回以内)
褐斑病、黒渋病 2000~3000倍
豆類(種実、ただし、だいず、いんげんまめ、らっかせい、えんどうまめを除く) 菌核病 1000~2000倍 収穫14日前まで
うど 菌核病 500倍 - 種株冷蔵保存前 1回 30分間種株浸漬 1回
たらのき 芽枯症 1000倍 - 収穫28日前まで 1回 駒木瞬間浸漬
セネガ 黒根病 1000倍 3L/㎡ 収穫30日前まで 3回以内 灌注 3回以内
かのこそう 半身萎ちょう病 160倍 - 植付前 1回 30分間苗浸漬 1回
しゃくやく(薬用) 灰色かび病 1000倍 100~300L/10a 収穫14日前まで 8回以内 散布 8回以内
うめ
あんず
黒星病
すす斑病
3000倍 200~700L/10a 収穫7日前まで 1回 1回
びわ 灰斑病 2000~3000倍 200~700L/10a 収穫14日前まで 3回以内 3回以内
ごま色斑点病 2000倍 200~700L/10a
くり 実炭そ病 2000~3000倍 200~700L/10a 裂果前但し、収穫14日前まで 4回以内 4回以内
なし 輪紋病 2000~3000倍 200~700L/10a 収穫前日まで 4回以内 6回以内(塗布は2回以内、散布は4回以内)
胴枯病 2000~3000倍 200~700L/10a
黒星病 2000~3000倍 200~700L/10a
うどんこ病
心腐れ症(胴枯病菌) 2000~3000倍 200~700L/10a
枝枯病 20倍 - 3月~6月 2回以内 マシン油乳剤で希釈し塗布
胴枯病
かき 落葉病、うどんこ病、炭そ病、すす点病 2000~3000倍 200~700L/10a 収穫前日まで 6回以内 散布 6回以内
擬似炭そ病 2000倍
もも 灰星病、黒星病、
ホモプシス腐敗病、
うどんこ病
2000~3000倍 200~700L/10a 収穫前日まで 3回以内 3回以内
おうとう 灰星病、褐色せん孔病 3000倍 収穫3日前まで 2回以内 2回以内
ネクタリン 灰星病、黒星病、ホモプシス腐敗病 2000~3000倍 収穫3日前まで 3回以内 3回以内
いちじく 株枯病 1000倍 1~10L/樹 収穫3日前まで 5回以内 株元濯注 5回以内
キウイフルーツ 果実軟腐病
すす斑病
2000倍 200~700L/10a 収穫7日前まで 5回以内 散布 5回以内
ブルーベリー 斑点病
バルデンシア葉枯病
3000倍 収穫7日前まで 1回 1回
ぶどう 褐斑病
うどんこ病
灰色かび病
晩腐病
2000~3000倍 200~700L/10a 収穫45日前まで 3回以内 4回以内(休眠期処理は1回以内、散布は3回以内)
黒とう病 2000倍
黒とう病 200~500倍 休眠期 1回
つる割病 200~500倍
枝膨病 200倍
晩腐病 200~500倍
芽枯病 2000倍 収穫45日前まで 3回以内
みかん そうか病
灰色かび病
2000~3000倍 200~700L/10a 収穫前日まで 4回以内 4回以内
貯蔵病害(青かび病、緑かび病、軸腐病、炭そ病、黒斑病) 4000~6000倍 200~700L/10a
かんきつ(みかんを除く) 収穫前日まで 2回以内 2回以内
りんご 黒星病
黒点病
褐斑病
うどんこ病
腐らん病
すす点病
すす斑病
輪文病
2000~3000倍 200~700L/10a 収穫前日まで 4回以内 4回以内
モニリア病 2000倍
りんご(苗木) 白紋羽病 1000倍 - 植付直前 - 10~30分間根部浸漬 -
炭そ病
白星病
輪斑病
褐色円星病
2000~3000倍 200~400L/10a 摘採14日前まで 1回 散布 1回
白紋羽病 1000~2000倍 - - 苗木根部24時間浸漬
西洋芝(ベントグラス) 葉腐病(ブラウンパッチ) 2000~3000倍 2L/㎡ 発病初期 6回以内 散布 6回以内
こんにゃく 乾腐病 50~100倍 - 植付前 1回 種いもの芽基部に散布 1回
麦類 雪腐病 2000~3000倍 60~150L/10a 根雪前 散布
胴枯病 1000倍 100~300L/10a 摘採9日前まで 2回以内 2回以内
輪斑病 2000倍

効果・薬害等の注意

①きゅうり、トマトに対して灌注処理する場合は、誤って高濃度で処理すると退色や生育抑制などの薬害を生ずることがありますので、所定濃度を守ってください。
②たまねぎ、いちごに対して苗根部浸漬処理する場合は、誤って高濃度で処理すると、いちごでは活着不良、たまねぎでは初期生育遅延等の薬害のおそれがありますので使用方法を厳守してください。
③なすの半身萎ちょう病に対して灌注処理する場合、定植前及び定植時処理では葉の黄化・生育抑制等の薬害を生ずるおそれがありますので定植後に処理してください。
④りんごのモニリア病に使用する場合、多発条件下では効果が劣ることがありますので、発病初期に時期を失しないように散布してください。
⑤いちごの萎黄病防除に使用する場合、特に多発地では植付前の土壌くん蒸と本剤処理とを組み合わせるとより有効です。
⑥なしの枝枯病、胴枯病に使用する場合は、マシン油乳剤で希釈し、病斑部及びその周辺に1~2回塗布してください。尚、病斑部を削り取った後に塗布する場合は木質部が見えない程度に表皮を薄く削ってください。
⑦本剤及び同系統の薬剤の連続使用によって薬剤耐性菌が出現し、効果の劣った例がありますので過度の連用はさけ、なるべく作用性の異なる薬剤を組み合わせて使用してください。
⑧本剤はエトフェンプロックス乳剤またはダイアジノン乳剤と混用した場合、凝固物を生成するため混用を避けてください。
⑨こんにゃくの乾腐病防除に使用する場合は、種芋の芽基部を上に向けて並べ、散布液が芽基部に十分かかるように1㎡当り100mL散布してください。
⑩麦類の雪腐病防除に使用する場合、散布は根雪近くに行ってください。
⑪桑の胴枯病に使用する場合の散布適期は9月上・中旬です。
⑫適用作物群に属する作物またはその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、普及指導センター、病害虫防除所または販売店等と相談することが望ましいです。

安全使用上の注意

①使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。
②本剤は眼に対して弱い刺激性がありますので眼に入らないように注意してください。眼に入った場合には直ちに水洗してください。
③本剤は皮ふに対して弱い刺激性がありますので皮ふに付着しないように注意してください。付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。
④かぶれやすい体質の人は取扱に十分注意してください。
⑤使用の際は、農薬用マスク、不浸透性手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用してください。作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをするとともに衣服を交換してください。
⑥作業時に着用していた衣服等は他のものとは分けて洗濯してください。
⑦本剤で処理した種子等は食料や動物飼料として用いないでください。
⑧常温煙霧中はハウス内へ入らないでください。また常温煙霧終了後はハウス内を開放し、十分換気した後に入室してください。
⑨街路、公園等で使用する場合は、使用中及び使用後(少なくとも使用当日)に小児や使用に関係のない者が使用区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。

魚毒性等:水産動植物(甲殻類)に影響を及ぼす恐れがあるので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用してください。使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきってください。散布器具及び容器の洗浄水は河川等に流さないでください。また、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。

関連資料

使用に際しては必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従ってお使いください。

GFベンレート水和剤をご紹介しています。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。