肥料モイスト成分の働きで水の浸透性を改善&保水性アップ!

マイガーデン液体肥料

マイガーデン液体肥料をご紹介しています。
マイガーデン液体肥料の特長や使用方法、安全使用上の注意点についてご案内しています。

  • 元肥
  • 追肥
  • 元肥&追肥

モイスト成分の働きで水の浸透性を改善&保水性アップ!

容量650ml
JANコード4975292603955
効き方 緩効性 速効性
成分N:P:K=9:10:5
保証票の種類生産業者保証票 生第105359号
剤型原液

マイガーデンは住友化学園芸㈱の登録商標

商品特長

  • すばやく効いて、植物を元気に育てる液体肥料です。
  • モイスト成分※1配合
    続けて使うことにより、鉢土を水切れしにくい土※2に変えます。
  • 効率よく肥料吸収
    乾きやすい鉢土でも水分とともに肥料成分がすみずみまでしみわたるようになります。

※1 液体肥料の浸透性を高め、保水性を向上させる
※2 モイスト成分有無による比較

使用方法

水でうすめて使用します。

●種まき・植付け直後は標準倍率の範囲で薄めに与えてください。
●肥料の必要量は植物により様々です。下記の表を参考にして、植物の種類、生育状況にあわせて加減してください。
●元肥と併用する場合は標準倍率の範囲で薄めに与えてください。
 
【使用量の目安】
●鉢植え・プランター…鉢底から流れ出る程度を目安に十分量を与えてください。

植物 標準倍率 水10L当たり 使用間隔
草花、ばら、球根、観葉植物、洋ラン、野菜、ハーブ、花木、果樹など 1,000~500倍 10~20ml
(キャップ1/2~1杯)
1週間に1回
サボテン、多肉植物、山野草、盆栽、東洋ラン、幼苗など 2,000~1,000倍 5~10ml
(キャップ1/4~1/2杯)
2週間に1回

●地植え…灌水する場合と同様に十分量を与えてください。

植物 標準倍率 水10L当たり 使用間隔
花壇(草花、ハーブ)、菜園、芝生、苗など 500~250倍 20~40ml
(キャップ1~2杯)
1週間に1回
ばら、花木、庭木、果樹、竹など 250~125倍 40~80ml
(キャップ2~4杯)
2週間に1回

※希釈の際は先ず水を用意し、続いて原液を入れてください。先に原液を入れますと希釈時に泡が発生し、水量が確かめにくくなります。

安全使用上の注意

●飲み物ではないので飲まないでください。
●農薬と混合して使用しないでください。
●極端な低温場所に保管すると中の成分の結晶が析出する場合があります。使用前に容器をよく振ってガサガサと音がする場合は、風呂程度の湯につけて溶解させてから使用してください。

使用に際しては必ず商品の説明をよく読んで、記載内容に従ってお使いください。

マイガーデン液体肥料をご紹介しています。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。