1 2 3 4 5 6 7

■すぐれた展着性■

どれほどすぐれた有効成分でも、散布液が対象となる植物や害虫にしっかりと付着しなくては十分な効果は発揮されません。「ベニカXシリーズ」は、有効成分そのものの効果が高いだけでなく、製剤開発にも独自の技術を生かし、「展着性(薬のつきやすさ)を向上」させています。通常、散布液には展着性を高めるために「展着剤」を添加します。特に水和剤の場合、展着剤を入れないとツバキのような表面のツルツルした葉では散布液がはじかれてしまいます(写真右)。比較的展着性の高い乳剤でも散布むらが生じる場合があります(写真中央)。これに対し、「ベニカX乳剤」では展着剤無加用でも、散布液が「均一に、しかもむらなく」付着しているのがわかります(写真左)。「まきむらが少なく、均一に」に散布できるため病害虫に的確に作用し、より高い効果が期待できます。



【ツバキの葉に対する展着性の比較(展着剤無加用での試験)】

【ベニカX乳剤】
【対照殺虫殺菌乳剤】
【対照殺虫水和剤】

・供試植物:ツバキ
・処理日:2001.6.8 
・試験方法:供試薬剤を標準希釈倍数で、展着剤を加用せずに十分量散布した。
・試験場所:弊社開発センター圃場

【スプレー剤の「表面張力値」測定結果】


グラフは薬剤の「表面張力値」を調べた結果です。
ベニカXスプレー」は他剤と比べ「表面張力値」が低いのがわかります。そのため、実際の散布における展着性(濡れ性)もすぐれています。

・試験方法:供試薬剤を「表面張力計」で測定した
・測定日:2001.6.5 
・試験場所:弊社製品開発センター

【表面張力値とは…】

液体の展着性(濡れ性)は「表面張力値(mN/m)」で評価できます。
この値が低いほど水滴が丸まろうとする力が弱く、展着性(濡れ性)が良くなります。

1 2 3 4 5 6 7

eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents