困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
フシダニ

フシダニ

フシダニ

フシダニ

導入文 フシダニはハモグリダニとも呼ばれます。ぶどうの葉裏に寄生して吸汁します。被害部は葉の表がイボ状に盛り上がり、葉裏は凹んで中に白色の毛せんに覆われます。
発生しやすい植物 ぶどう
被害症状 被害部は葉の表がイボ状に盛り上がり、葉裏は凹んで中に白色の「毛せん」に覆われます。毛せんは初期は白色ですが後半は褐変します。
生態 初夏と秋に発生が見られます。フシダニの体長は0.2㎜程度で、成虫は頭部が大きく、尾部に向かって細くなるさび形をしています。葉裏の「毛せん」の間に卵を産みます。幼虫、成虫が吸汁します。展葉しきった後の発生ではイボ状の症状はあらわれませんが、葉が展葉し始めのころに吸汁されると葉表がイボ状になります。フシダニは直接的な吸汁被害のほか、ウイルス病を媒介するという二次被害もあります。
防除方法 展葉初期の葉をこまめに観察し、被害が見られたらすぐに葉を摘み取る。
カレンダー 発生:5‐10
多発:6

eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents