困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
生態|アオバハゴロモ
植物につく虫
  • 汁を吸う虫
  • 茎葉を食べる虫

アオバハゴロモ の生態について紹介いたします。

アオバハゴロモ写真

アオバハゴロモ

成虫は三角形状で淡緑青色の羽のある虫で、幼虫は白い綿状分泌物に覆われている。生垣などに一列に並んで寄生しているのを見かけることが多い。

発生しやすい植物
花木、庭木、果樹など

生態

年1回の発生です。卵で越冬し、5月頃ふ化した幼虫は風通しの悪い場所の茎や枝に寄生しますが、葉にも寄生することがあります。幼虫は白い綿状分泌物に覆われ、触れたり寄生枝をゆすったりすると、ピョーンと飛び跳ねて逃げます。成虫は順序よく一列に並んで寄生していることが多く、7~8mm位の三角形状で体色は淡緑青色で外見はきれいな虫です。

アオバハゴロモについてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents