困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
生態|グンバイムシ
植物につく虫
  • 汁を吸う虫
  • 茎葉を食べる虫

グンバイムシ の生態について紹介いたします。

グンバイムシ写真

グンバイムシ

さつき、つつじ類、プラタナスなどに寄生。葉裏に群がって汁を吸い、葉表には白いカスリ状の斑点が出る。

発生しやすい植物
草花(キクなど)花木(ツツジ、サツキ、シャクナゲ、アジサイなど)

生態

ツツジグンバイが有名ですが、ナシグンバイ、キクグンバイなどの種類もいます。成虫の体長は4~5mm程度で翅が透明に近いため、X状の虫に見えます。落ち葉の下などで越冬し、4月頃から活動し年間4~5回程度世代交代を繰り返します。葉裏に寄生し、黒っぽい排泄物を付着させる習性があるので、葉裏が黒く汚れてきます。

グンバイムシについてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents