困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
イラガ
植物につく虫
  • 汁を吸う虫
  • 茎葉を食べる虫

イラガ について紹介いたします。
イラガ の被害の症状について解説します。

イラガ写真

イラガ

短くて大きな毒針があり、触れると激しい痛みを生じるので直接触れないように注意。きわめて雑食性の害虫。堅い殻のまゆをつくる。

発生しやすい植物
さくら、うめ、かき、くり、ベニカナメ、カエデ類、ヤナギなど

被害症状

イラガは単独で葉を食害するので見つけにくいですが、ヒロヘリアオイラガなど若令幼虫の時に群生しているものは目立ちます。発生が多いと葉全体が食害されます。また、イラガの幼虫は全身に毒のあるトゲのような突起があり、これに触れると強い刺激を感じいつまでもピリピリしているため「電気虫=デンキムシ」と呼ばれたりもします。また姿形から「オコゼ」と呼ばれたりもします。

イラガについてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents