困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
生態|ヨトウムシ
植物につく虫
  • 汁を吸う虫
  • 茎葉を食べる虫

ヨトウムシ の生態について紹介いたします。

ヨトウムシ写真

ヨトウムシ

キャベツやはくさいなどアブラナ科や多くの植物をたちまち穴だらけに食い荒らす。昼間は株元に潜み、夜間に食害する。

発生しやすい植物
草花、野菜など多くの植物

生態

ヨトウガという名前の虫もいますが、夜間活動して葉を食害する種類、ハスモンヨトウやシロシタヨトウなどを含めて「ヨトウムシ」といいます。ヨトウガは始めから茂みの中などに隠れているわけではありません。卵は葉裏にまとめて産み付けられ、ふ化直後は群棲して表皮を残して葉肉部を食害します。そのため、食害部分は透けて見えます。大きくなるにしたがって分散し、昼間は茂みや土中に隠れて夜間活動するので、食害された部分には昼間は姿が見えないということになります。蛹の状態になって土中で越冬します。

ヨトウムシについてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents