困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
まめ知識|赤星病

赤星病 についてのまめ知識をご紹介します。

赤星病写真

赤星病

なし、りんご、ぼけの主要病害。葉裏に毛羽だった丸い病斑ができる。カイヅカイブキなどのビャクシン類で越冬し、春に移動する

発生しやすい植物
庭木(カイドウ、シャリンバイ、ビャクシン類のカイヅカイブキなど)、果樹(ナシ、カリン、リンゴなど)

なし

なし

なし

ボケ

まめ知識

赤星病にとってのビャクシン類は、ナシやリンゴに寄生する途中の寄生植物と言う意味で「中間宿主」と呼ばれています。赤星病は、中間宿主となるビャクシン類さえ無ければ繁殖しません。逆にビャクシン類がそばにあるといくらナシやリンゴに殺菌剤をまいても意味がありません。そのためナシやリンゴの産地では、ビャクシン類を植えることを条例で禁止している市町村もあります。ちなみにリンゴ、カイドウなどに寄生する種類と、ナシ、カリン、ボケなどに寄生する種類は、症状は同じなのですが、別の病原菌です。

赤星病についてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents