困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
生態|モザイク病

モザイク病 の生態について紹介いたします。

モザイク病写真

モザイク病

葉や花弁に濃淡のまだら模様ができ、モザイク状に見える。株が萎縮、葉が縮れる、黄化するなど、様々な症状が全体に現れる

発生しやすい植物

生態

ウイルス病の原因となるウイルスは電子顕微鏡でないと見えないくらい微小です。そしてアブラムシが植物の汁を吸う際に一緒にウイルスを吸い込んで、そのまま次の植物を加害することで感染します。このようにほとんどの場合、アブラムシが運び屋となって感染しますが、アザミウマ、コナジラミ、ハダニなどによって媒介されたり、らん類では水で伝染することもあります。その他、剪定バサミを使い回すことで、感染した植物の汁液が健全な植物に接触し侵入するということが洋らん類の株分けの際にあります。ウイルス病は感染すると全身にウイルスが広がるため、感染した植物を挿し芽や挿し木で増やすとウイルスも一緒に増えてしまいます。ただしカビ性の病気のように空気感染することはありません。また、植物と動物では感染するウイルスの種類が違うので、植物に感染するウイルス病が人間に感染する心配はありません。

モザイク病についてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents