困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
菌核病

菌核病 について紹介いたします。
菌核病 の被害の症状について解説します。

菌核病写真

菌核病

20℃以下の比較的低温時に地際の茎に発生し、褐色~黒色に変色。菌糸が多数出て腐敗して枯死し、菌核は長く土の中に残る

発生しやすい植物
草花、野菜、庭木など

被害症状

主に茎に発生しますが、キュウリやナスでは実にも発生します。茎でははじめ枝分かれしている部分から発生することが多く、水浸状の病斑が茎の上下に拡大すると共に茎をとりまくようになると、病斑部から上の茎葉はしおれて枯死します。病斑部は褐色から黒色に変色し、やがて白い綿状のカビに覆われ、最後は黒いネズミ糞状の菌核が形成されます。果実では、がくの付近に発生することが多く、病斑部の症状は茎の場合と同じです。

菌核病についてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents