困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
生態|立枯病

立枯病 の生態について紹介いたします。

立枯病写真

立枯病

土壌感染する病気で、根や地際の茎から感染します。初めに根が被害を受けるので、生育不良となり、しおれてきますが、症状が進むと下葉から枯れが進み、茎も茶色く変色してきます。

発生しやすい植物
草花、野菜、観葉植物など

生態

病原菌は前年の被害植物上や土中で胞子や菌糸の状態で越年し、茎の地際部から侵入します。

立枯病についてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents