困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
まめ知識|てんぐ巣病

てんぐ巣病 についてのまめ知識をご紹介します。

てんぐ巣病写真

てんぐ巣病

野菜では葉が黄化して株全体が萎縮し、葉柄の短い小葉が株元から無数に生える。樹木類では無数の小枝が発生する

発生しやすい植物
庭木(アオギリ、アスナロ、キリ、サクラ、シラカンバ、ダケカンバ、マツ、ヒノキ、ヒバなど)、花木(ツツジ、サツキなど)、果樹(クリ、サクランボなど)、野菜(ミツバ、ジャガイモ、セルリーなど)、タケなど

まめ知識

「サクラ切る馬鹿、ウメ切らぬ馬鹿」と言われるように、サクラは切り口から胴枯病菌や腐朽病菌が侵入しやすいため、剪定をした際などは必ず切り口にトップジンMペーストなどのゆ合殺菌剤を塗布して病原菌の感染を防ぎましょう。

てんぐ巣病についてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents