困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
生態|苗立枯病

苗立枯病 の生態について紹介いたします。

苗立枯病写真

苗立枯病

発芽後すぐ、または定植後から生育初期に茎の地際からくびれて倒伏する土壌伝染性の病気。連作は避け、排水を良くする

発生しやすい植物
草花、野菜、らん類、山野草など多くの植物

生態

病原菌は、土中に残っている枯れた植物などで越冬し、翌年の伝染源になります。いろいろな植物の苗で発生しますが、特に高温多湿の条件で発生が多くなります。また、土の状態が酸性であったり、粘土質などで水はけが悪い場合にも発生しやすくなります。

苗立枯病についてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents