困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
つる枯病

つる枯病 について紹介いたします。
つる枯病 の被害の症状について解説します。

つる枯病写真

つる枯病

茎の地際部が灰色から淡い黄褐色になり、表面に黒い点々が多数あらわれ、つるがしおれて枯れる

発生しやすい植物
野菜(主にカボチャ、キュウリ、スイカ、マクワウリ、メロンなどのうり科植物)

被害症状

茎の地際部が灰色から淡い黄褐色になり、病気が進行すると病斑部は軟らかくなってきて、裂けめからヤニが出てくることもあります。さらに進行するとその表面に黒い点々が多数あらわれ、つるはしおれて枯れてしまいます。葉では葉縁の方から扇状に褐色の病斑が広がり枯れこみます。

つる枯病についてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents