困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
防除方法|つる割病

つる割病 の防除方法をご紹介します。

つる割病写真

つる割病

つるが所々で日中にしおれるようになり、やがて株全体が生気を失う。病気が進行すると茎の地際部分から黄褐色に変色し、ヤニが出る

発生しやすい植物
野菜(主にキュウリ、スイカ、マクワウリ、メロンなどのうり科植物、アサガオなど)

防除方法

一度発病すると土壌に病原菌が残るので連作をやめます。種子伝染するので種子消毒してからまきます。育苗中に発病した場合、定植後すぐにベンレート水和剤を7~10日間隔で2~3回株元に灌注すると発病をある程度抑えることもできます。また石灰や完熟堆肥の施用も発病を抑えるのに有効です。

つる割病についてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents