困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
もち病

もち病 について紹介いたします。
もち病 の被害の症状について解説します。

もち病写真

もち病

葉がもちを焼いたように膨れ、やがて黒褐色となり腐敗する。被害葉は早めに摘み取り、薬剤散布により予防する

発生しやすい植物
花木(アセビ、サザンカ、ツバキ、サツキ、ツツジ、シャクナゲなど)

被害症状

担子菌に属するカビで、ツツジ類、ツバキ類だけに発生します。若い葉がその病名の通り餅を焼いたように肉厚になり球状に膨れてきます。始め、表面はつやのある淡緑色から黄緑色をしていますが、日の当たる部分では淡桃色や淡赤色になったりします。病気が進行すると表面は白いかびに覆われ、肥大部はつぶれたように干からび落葉します。

もち病についてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents