困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
生態|もち病

もち病 の生態について紹介いたします。

もち病写真

もち病

葉がもちを焼いたように膨れ、やがて黒褐色となり腐敗する。被害葉は早めに摘み取り、薬剤散布により予防する

発生しやすい植物
花木(アセビ、サザンカ、ツバキ、サツキ、ツツジ、シャクナゲなど)

生態

春と秋、降雨が続き日照が少ないと発生しやすくなります。また、古い葉や枝には感染せず、新芽などの若い組織から侵入し、菌糸の状態で越冬したものが翌春の新芽の展開と共に活動します。病原菌は植物組織内に侵入し、養分を吸収すると同時に、植物ホルモンであるインドール酢酸を生成し、これが細胞を刺激して異常肥大を引き起こします。ツツジ類では9~10月頃の秋芽にも発生することがあります。

もち病についてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents