困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
生態|葉腐病(ブラウンパッチ)

葉腐病(ブラウンパッチ) の生態について紹介いたします。

葉腐病(ブラウンパッチ)写真

葉腐病(ブラウンパッチ)

芝生の病気。リング状の病状の外側から褐色に枯れていき、緑の芝生のあちこちにはげたような部分ができる。梅雨時に多発

発生しやすい植物
西洋芝(主にベントグラス)

生態

高温、多湿条件で発生しやすいです。またチッ素肥料過多になると発生しやすいです。排水不良、通気性の悪さなども被害を助長します。刈り取った芝(サッチ)を放置しておくと、病原菌の発生源になるので、適切な芝生管理が必要です。

葉腐病(ブラウンパッチ)についてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents