困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
生態|べと病

べと病 の生態について紹介いたします。

べと病写真

べと病

葉に汚れたような不規則な紋が生じ次第に大きくなる。湿度の高い時期に密植しすぎた場所に多発。通風を良くし、薬剤を散布

発生しやすい植物
草花、野菜など

生態

ハボタンやレタスなどでは春先の冷涼な時期に発生しますが、キュウリやカボチャなどでは比較的高温時に発生し、いずれの場合も多湿を好み、風雨などにより伝染します。病気の感染には葉が結露などで濡れていることが必要で、葉が乾いていると発生は抑えられます。

べと病についてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents