困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
防除方法|胴枯病

胴枯病 の防除方法をご紹介します。

胴枯病写真

胴枯病

樹幹や枝に発生する。地表に露出した根などにも被害が及ぶことがあり、樹幹や枝をとりまくように広がると患部から上の部分は枯死する

発生しやすい植物
庭木(カエデ類、カシ類、サクラ、プラタナス、ポプラなど)果樹(イチジク、カキ、クリ、ナシ、モモ、リンゴなど)

防除方法

排水不良や過度の剪定、太枝を切断することで病気にかかりやすくなります。特に太枝を切った場合はトップジンMペーストなどの癒合殺菌剤、墨汁、コールタールなどを塗って切り口をふさぎ、病原菌が侵入できないようにします。また、樹を食い荒らすコスカシバなどの樹幹害虫による傷も胴枯病を引き起こす原因となりますので退治します。

胴枯病についてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents