困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
生態|コナガ
植物につく虫
  • 汁を吸う虫
  • 茎葉を食べる虫

コナガ の生態について紹介いたします。

コナガ写真

コナガ

幼虫は葉裏について葉肉を食害するので表皮がすけたように見える。多発すると、葉全体がしろっぽくなり、株の生育が衰える。

発生しやすい植物
キャベツ、はくさい、コマツナ、ハボタンなどあぶらな科野菜及び草花

生態

卵は1粒ずつ葉の裏表にかかわらず産み付けられます。ふ化直後の幼虫は葉肉内部を食害し、2令期以降は葉に穴を空けるようになります。卵~幼虫~蛹~成虫まで、適温(25℃)では2週間程度と短期間で成長するため、暖地では春から秋にかけて10回以上の発生となります。

コナガについてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents