困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
生態|葉かび病

葉かび病 の生態について紹介いたします。

葉かび病写真

葉かび病

露地栽培では問題になりませんが、ビニールハウスなど雨のかからない施設栽培で風通しが悪く湿気が多いと発生しやすくなります。葉裏に薄い茶色でビロード状のカビが生えるのが特徴です。

発生しやすい植物
トマト、ミニトマト

生態

トマト、ミニトマトのみで繁殖します。前年に発生して枯れた葉や周辺の資材などに付着して残っていた胞子が飛散することで次の感染が広がります。発病後は葉裏に病斑を生じ、そのに出来た胞子がまた風で飛散し、さらに感染が広がります。

葉かび病についてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents