困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
防除方法|葉かび病

葉かび病 の防除方法をご紹介します。

葉かび病写真

葉かび病

露地栽培では問題になりませんが、ビニールハウスなど雨のかからない施設栽培で風通しが悪く湿気が多いと発生しやすくなります。葉裏に薄い茶色でビロード状のカビが生えるのが特徴です。

発生しやすい植物
トマト、ミニトマト

防除方法

ビニールハウスなどで多湿になると発生が助長されるので、風通しを良くし、土壌の排水性を良くすることで発生は抑えれます。薬剤で予防する場合は「STダコニール1000」「GFワイドヒッター顆粒水和剤」「サンケイオーソサイド80」、発生初期であれば「GFベンレート水和剤」「ベニカグリーンVスプレー」「ベニカベジフルVスプレー」「モスピラン・トップジンMスプレー」「GFモストップジンRスプレー」が有効です。また有機栽培(オーガニック栽培)には「家庭園芸用カリグリーン」が使用できます。

葉かび病についてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents