困ったこと・お悩みごと解決病害虫ナビ
かいよう病

かいよう病 について紹介いたします。
かいよう病 の被害の症状について解説します。

かいよう病写真

かいよう病

細菌性の病気です。かんきつ類では果実、葉、枝にできる褐色でコルク状の病斑が特徴です。

発生しやすい植物
かんきつ、うめ、トマトなど

被害症状

細菌性の病気です。病原菌は葉の気孔のほか、強風による葉の擦れ、ハモグリガによる食害跡などの傷口から雨水などを伝って侵入します。発生時期は4~10月ですが、特に5月ごろに風を伴う降雨が続くと被害が広がりやすいです。また初夏からミカンハモグリガの発生が多いと食害跡からの感染が助長されます。

かいよう病についてのご紹介ページです。
eグリーンコミュニケーションは、家庭園芸に関する悩みの解決方法、ガーデニングライフを楽しんでいただくための植物の育て方、虫や病気や雑草に関する情報をお届けしています。
住友化学園芸では、家庭園芸用殺虫剤・殺菌剤・除草剤・肥料のほか、くらしに関連するさまざまな商品を扱っています。

contents